「妹なのは変わらないけど」カッコウの許嫁:25話ネタバレ

カッコウの許嫁 概要
登場人物紹介
1巻ネタバレ
2巻ネタバレ
3巻ネタバレ
4巻ネタバレ
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話 17話 18話
19話 20話 21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話 41話 42話
43話 44話        
           

「カッコウの許嫁」を読む

 24話では、幸が実家に荷物を取りに帰った夜、凪とエリカは停電にみまわれる。真っ暗闇の玄関で防災用品を探していた凪は、激しく何かとぶつかってしまい、唇が触れる…。まさかエリカと…と思っていた凪だったが、電気が復旧し、そこには暴風雨の中帰宅した幸がいたのだった!

25話「妹なのは変わらないけど」ネタバレ

 翌日、晩御飯にカレーを作った凪。カレーができたと呼べば飛んでくる幸が、今日は返事もしない。??おかしいな、と思い、部屋をノックしてさらに呼びかける。魚介たっぷりの豪華版であることを強調しても出てこない。おまけにカギもロックされている。

 

 凪は、幸がなぜ部屋から出てこないのかがわからず、エリカに相談する。すると、エリカは幸と普通に話をしたという。幸の気に障ることを何かしたのではないか…。しかし、凪には思い当たるフシがない(幸が勝手に凪のアイスを食べたり、凪のポイントを使ったりすることはあったが…)。

 強いて言えば、唇が触れてしまったことくらい…、と凪が言うと、エリカは軽蔑のまなざし。兄弟でぶつかった事故みたいなものなのに、なぜ??と凪は全くわからず慌てる。そんな凪に、エリカはセクシー教師に変身して力説する。

 凪は間違っている、幸は来年結婚できてしまう年で、もう『子供』ではない、と。

 幸が生まれた時から一緒にいて、まだまだ子供だと思っている凪には、幸が結婚と言われてもピンと来ない。しかし、今でも幸と一緒にお風呂に入るのか?と問われると、できるわけがないと答える凪。昨日の事故は、それと同じことだとエリカは指摘する。

 今回のエリカはとても的確だった。幸は妹だけど、とっくに一人の女性になっていたのだ…。よりによって凪は「無かったことにしてくれ」なんて幸に言ってしまったことも思い出して、自分の酷さを自覚したのであった。

 

 凪は洗い物をしながらさらに考える。

 幸は妹だと思いこんでいたけど、凪とは血が繋がっていない。許嫁であるエリカの実の妹だ。ということは、凪は幸とだって結婚できてしまうということではないか…?

 

 凪は幸の部屋をノックする。幸からの返事は無いが、酷いことを言ってしまい、幸を傷つけたことを丁寧に謝った。そして、幸を子供の妹扱いするのはやめ、女性として見る、と誓う。

 ドアを隔てて、反省と誠意の気持ちを示す凪と、素直に喜んでいいのか、どんな顔をして凪と会っていいのかわからず複雑な表情の幸。

 

 …そしてドアが開く。勢いよく。反省で下げていた頭を強打する凪。

 幸は部屋から出てきた。…兄のことをキモイと言いながら兄に甘える中学生の妹として…。

 

 就寝前、エリカが部屋に戻ると、幸はまだ寝ておらず素振りをしていた。幸はモヤモヤを晴らせたのか、とてもスッキリした顔でベッドに入った。

 そんな幸の表情を見て、安心して一緒に眠りについたエリカだった。

 

 

カッコウの許嫁 26話の情報

週刊少年マガジン 35号 2020年7月29日

カッコウの許嫁 概要
登場人物紹介
1巻ネタバレ
2巻ネタバレ
3巻ネタバレ
4巻ネタバレ
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話 17話 18話
19話 20話 21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話 36話
37話 38話 39話 40話 41話 42話
43話 44話        
           

「カッコウの許嫁」を読む

25話感想

 中学生の妹として出てきた幸ちゃん、無心でバットを振って心を落ち着かせる幸ちゃん、オトナだなぁ…なかなかできることじゃないよ!(涙) ますます幸ちゃんのことが愛おしく思えてきてしまいました!!!