「事件はスカートの中で」1話ネタバレ

事件はスカートの中で
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話

「事件はスカートの中で」は日本の漫画家「ずみ子」によって描かれた漫画作品であり、2020年5月20日より「コミックDAYS」によって連載が開始された。

「事件はスカートの中で」概要

坂原優夏(ゆなつ)には秘密があった――それは幼い頃から優夏にだけ聞こえる奇妙な「音」。誰かが誰かに強く注目したときに聞こえる、まるでカメラのシャッターを切るような「カシャッ」という音。ドジで天然なヒロイン像を演じて人の注目を集めることに夢中になった優夏の欲望はどんどんエスカレート! さらなる注目欲しさに優夏が思いついた禁断の方法は「スカートの中」に…!? そして優夏の秘密を知る、不思議な少女の微笑みの理由とは…!?

https://comic-days.com/episode/13933686331617337929

1話「特別な私になる方法」ネタバレ


主人公の女子高生の「優夏」は、「特別な人になりたい」という強い意識を持っていて駅でも「カシャッカシャッ」とシャッター音が鳴り響くほど注目されていた。

みんなが注目する先には、優夏のスカートがめくれパンツが見えていた。そんな状態を注意され「またやっちゃったぁ」とスカートを戻す優夏。



そこからはシャッター音が聞こえなくなり、”どこにでもいる人間”になりがっかりした。

コミックDAYS

そして学校に行くと、友達からは寝癖を直され、パンツ出してても気づかないしという天然なキャラで愛されていた。そんな愛されている学校ではシャッター音が鳴り止まず、注目されることから「いいなぁ」と実感していた。

この「カシャッカシャッ」というシャッター音は、「誰かが誰かに視線を送り、捉えた瞬間に聞こえる」といった音であった。これは優夏が小学校3年生の時に漫画のヒロインと同じ行動を撮り始めたことをきっかけに、聞こえ始めた”超能力”のようなことだった。

その音で優夏は「特別な自分」を確信できていた。


そんな中クラスの1人の男の子「高橋」が「あれは計算だよ」と解析していると、優夏は高橋の元へ駆けつけ「ゴム持ってる?」とヘアゴムを借りに行こうとする。咄嗟に高橋はコンドームのゴムと勘違いし顔を真っ赤にしながらも「カシャッ」と優夏を眺めるのであった。

そんなところにクラスでミステリアスな「民岡」という女性が入ってくる。民岡は何もせずにみんなの視線がいき「カシャッカシャッ」と注目を浴びる。

何かした訳じゃないのにクラスの注目を浴びる民岡をみて、優夏は「何が違うのか?」気になり嫉妬する。更に民岡からは優夏にシャッター音が鳴らずに。。。

そんな悩みの中、放課後にシャッター音が欲しくなった優夏はトイレでスカートをめくり上げ、わざと注目を浴びようと工夫する。がしかし、そんな細工の中、上から民岡が「いつもそうやって見せてるんだ 努力家だねぇ」と秘密を知られることに。

事件はスカートの中で 2話の情報

コミックDAYS 2020年5月20日連載

事件はスカートの中で
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話

感想

衝撃的なスタートが…。まさかの可愛らしく天然な子は、衝撃的な自作自演という新しいストーリーが。そして、そんな自作自演な姿を見て初めてシャッター音を鳴らすミステリアスな「民岡」。
衝撃的な新ストーリーで、これからの先が読めないという…

先の展開が読めない、美しいストーリーと思えました!