最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか1巻 ネタバレ

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか
登場人物紹介 1巻 2巻 3巻  
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話  
         

2018年にWeb小説として発表された鳳ナナ先生の小説『最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか』を、ほおのきソラ先生がコミカライズ! 2019年6月からレジーナにて連載中です。2021年4月時点で単行本3巻が発売、連載ページでは65万いいね!を集める人気作品です。

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか 概要

舞踏会の最中に、第二王子カイルからいきなり婚約破棄を告げられたスカーレット。さらには、あらぬ罪を着せられて“悪役令嬢”呼ばわりされ、大勢の貴族達から糾弾される羽目に。今までずっと我慢してきたけれど、おバカなカイルに付き合うのは、もう限界! アタマに来たスカーレットは、あるお願いを口にする。――『最後に、貴方達をブッ飛ばしてもよろしいですか?』

ebookjapanより引用

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか 1巻ネタバレ

1巻1話

スカーレットは、婚約者であるパリスタン王国の第二王子・カイル主催の夜会に招待されていた。そこでカイルは突然、愛する婚約者を紹介すると言い出す。当の婚約者でありながら、何も聞かされていなかったスカーレットが疑問に思う中、カイルが婚約者と紹介した女性は、なんとスカーレットとは別の女性だった…!

1話の詳細はこちら!

1巻2話:

社交界デビューの夜会の場、兄の言いつけ通り淑女らしく振る舞おうと努力するスカーレット。そこに現れたのがカイルだった。次から次へとスカーレットに嫌がらせを仕掛けてくるロクデナシのバカ息子との婚約…あまりの仕打ちを父に相談するも、王家との婚約は何があっても破棄できないのだと言う…。

2話の詳細はこちら!

1巻3話

スカーレットとカイルに声をかけたのは、カイルの兄であるパリスタン王国の第一王子・ジュリアスだった。スカーレットはジュリアスと同じクラスなのだが、カイルを痛烈に批判する彼の姿に少し驚く。

3話の詳細はこちら!

1巻4話

目を覚ましたスカーレット、すると目の前には、ナイフを握ったメイドがスカーレットに馬乗りになっている!メイドに見覚えが無かったスカーレットが名前を尋ねると、メイドがいきなり斬りかかってきた…!

4話の詳細はこちら!

1巻5話

スカーレットが物置小屋の扉を開けると、ナナカの姿は無く、縛られていた縄とメイド服だけが残されていた。そして暗闇に隠れていた狼がスカーレットに飛びかかろうとする…!

5話の詳細はこちら!

1巻6話

貧民街を歩くスカーレット、ジュリアス、ナナカ。貴族の令嬢であることを隠し切れないスカーレットは、格好のぼったくりのターゲットになっていた。そして見るもの全て珍しいようで、まるで観光気分。すっかり目的を忘れているように見えた…。

6話の詳細はこちら!

1巻7話

勢いのあるパンチだけでなく、華麗な蹴りも炸裂させ、あっという間に男たちをやっつけてしまうスカーレット。尋常じゃないスカーレットの強さに、おののくごろつきたち。スカーレットの銀色の髪を見て、一人が気付く。街で噂のあの姫だと…。

7話の詳細はこちら!

1巻 感想

『悪役令嬢』『婚約破棄』がキーワードの漫画が流行りの昨今ですが、この作品は一味違うと思います。

自分の利益のため保身のために、権力者にゴマをすりヨイショする悪徳貴族たちを、スカーレットが次から次へとぶん殴り、蹴っ飛ばし、ふっ飛ばしてくれます! 

ほおのきソラ先生が描く美麗な痛快活劇、ぜひ購入して読んでみてくださいね!