「デスティニーラバーズ」第48話ネタバレ・エロシーン紹介!デスラバの藤代が登場!『廃団地シャンバラ』

前回までのあらすじ

里桜が発した「ごめんなさい」の真意は、匠馬に一緒に脱出しようという誘いを断るための言葉だった。

匠馬と里桜はお互いの初めてを次会うときまで守るという決意表明をして別れる。

無事病院を脱出できた匠馬が地上で見た光景は、リア獣により滅ぼされた世界だった。

匠馬たちは理想郷と呼ばれるレジスタンスのアジトへと向かう。

【第48話】ネタバレ・エロシーン『廃団地シャンバラ』

匠馬たちを乗せたトラックはレジスタンスのアジトへと向かう。

疲れからか匠馬と麗は眠りについている。

目を覚ましているのは鷲尾のみ。

その鷲尾は積荷の行先を見て何かに気づく。

その後、匠馬が目を覚ました時、麗はすでに目を覚ましていた。

しかしそこには鷲尾の姿が見当たらない。

すると匠馬のポケットに何かが入れられている。

鷲尾からの手紙だ。内容を確認すると、鷲尾家の人間として成すべきことがあるという、謎の手紙が入っていた。

しかし麗には”鷲尾家”という言葉に何か思いあたる節があるようだ。

麗は理由は明らかにしなかったが鷲尾が向かった先はおそらく聖女機関本部だろうとの事。

一方聖女機関某所では、底なしの精力を持ち、さらにリア獣化しない特殊体質の持ち主ランサーが女性と行為をしている。

そこに愛奈が水とタオルを持ってくる。

ランサーに長く担当に付いている愛奈がいつまでも”ランサー”という通称で呼ぶことを他人行儀と感じるランサーは、愛奈に名前で呼ぶよう投げかける。

愛奈は言われた通りランサーを名前で呼ぶ。

鷲尾様と。

その頃、匠馬と麗はついにレジスタンスのアジト「廃団地シャンバラ」に辿り着いていた。

二人を迎え入れたのは一人の男性だった。

彼の名は、藤代康介。

このアジトのリーダーだ。

二人は硬く握手し、藤代は匠馬を歓迎する。

↓↓デスラバの登場人物・藤代康介・愛奈の紹介はコチラ↓↓

【第48話】のまとめ

匠馬たちはレジスタンスのアジトへと向かう。

その途中匠馬と麗が睡眠を取っている間に鷲尾は姿を消していた。

鷲尾家である彼には何か成すべきことがあるとの事。

鷲尾家には何か秘密があるようだ。

アジトに辿り着いた匠馬を向かい入れたのはアジトのリーダー藤代康介。

彼は匠馬を歓迎する。

感想

ついにデスラバの主人公藤代康介が登場しましたね!

ランサーや愛奈など懐かしい顔も!

ここから一気にデスラバとデスティニーラバーズの物語が繋がっていきそうです!

次回をお楽しみに!

デスティニーラバーズ ネタバレ
キャラクター紹介
第1巻あらすじ
第2巻あらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話  15話 16話 17話 18話 
19話 20話  21話  22話 23話 24話 
25話  26話 27話   28話 29話 30話
31話  32話 33話  34話 35話  36話
 37話 38話  39話  40話  41話  42話 
43話 44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話