「デスティニーラバーズ」第23話ネタバレ・エロシーン紹介!『ごめんなさい』

前回までのあらすじ

槌屋の一撃により、防弾シャッターに穴が空いてしまう。

もはや槌屋がトイレに侵入するのは時間の問題。

そこに槌屋と身体の関係を持った佳苗が現れる。

すると槌屋の動きに変化が。

そして槌屋は佳苗の名前を呼び、ゆっくりと佳苗に向かっていく。

一方ロッカーの中の匠馬と里桜はお互いを求めあうことをやめられない。

匠馬は自分を抑えることができるのか?

はたまたリア獣化してしまうのか?


【第23話】ネタバレ・エロシーン『ごめんなさい』

リア獣化する以前の記憶が残っているのか、佳苗の姿をみた槌屋は佳苗に近づいていく。

危険を感じ、瑠奈がすかさず銃を連射するが、やはり全く効果はない。

瑠奈は必死に佳苗に逃げるよう促す。

なぜなら佳苗は槌屋の子を宿しているというのだ。

しかし槌屋は佳苗のすぐ目の前に。

そして佳苗の名前を呼び、ゆっくりと佳苗に向け手を延ばす。

記憶がより明確になっているのか、その声は先ほどよいはっきりとしている。

次の瞬間、槌屋の全身にヒビが入り、槌屋はバラバラに崩れ去ってしまう。

そこに一人の白衣を着た女性が姿を現す。

一方、未だにロッカーの中で求めあう匠馬と里桜。

匠馬は最後までいきたいという強い欲求に支配されていた。

ゴクリと喉を鳴らし、里桜を強く抱きしめる。

その反動で二人は体勢を崩し、ロッカーの外に投げ出される。

その時、脱出ゲームの中止と病室及び持ち場に戻るようアナウンスが流れる。

そのおかげで二人は冷静を取り戻す。

里桜を見た匠馬は思わず謝ろうとするが、その口をキスで止める里桜。

そして里桜はごめんなさいとつぶやき、その場を離れる。

その時、里桜はリア獣のことは誰にも話さないよう言い残す。

病室に戻った匠馬。そこに先ほどの白衣を着た女性が現れる。

彼女の名は日下部秋穂。病院並びにワクチン開発の責任者だ。

彼女は話始める。

今回の騒動はゲームの演出であること、けが人を出してしまったため中止したということ。

あくまでリア獣の存在を隠す思惑のようだ。

また彼女は精密検査をするという理由で謎の男を呼び出す。

そして佳苗が現場を離脱したためスタッフが追加される。

部屋に入ってきたのは自信なさげな女性と、気の強そうな女性が。

【第23話】のまとめ

リア獣化する以前の記憶が残っているのか槌屋は佳苗の名前を呼びながら、彼女に近づいていく。

佳苗は槌屋の子を宿しているようだ。

しかし槌屋は全身がヒビ割れ崩れ去る。

一方匠馬と里桜も冷静を取り戻す。

病室に戻った匠馬の前に現れたのは日下部秋穂。

そして佳苗の代わりに2名の女性がスタッフとして追加された。

感想

リア獣化した槌屋の最後は何か哀愁を感じました。

佳苗もまた槌屋の子を宿していたのですね。

ピンチから逃れられたのはよかったですが、少し悲しさを感じました。

さて新たに女性メンバー2名追加されましたが、どのような展開になるのでしょうか?

次回をお楽しみに!

デスティニーラバーズ ネタバレ
キャラクター紹介
第1巻あらすじ
第2巻あらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話  15話 16話 17話 18話 
19話 20話  21話  22話 23話 24話 
25話  26話 27話   28話 29話 30話
31話  32話 33話  34話 35話  36話
 37話 38話  39話  40話  41話  42話 
43話 44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 53話 54話
55話 56話 57話 58話 59話 60話
61話