「デスティニーラバーズ」第62話ネタバレ・エロシーン紹介!『オナ禁の効用』

前回までのあらすじ

匠馬が性欲が抑えられない事情を知った京は、匠馬の処理を手伝うことに。

一方、聖女機関では、里桜がランサーに気に入られてしまう。

ランサーは里桜を自分の部屋に呼ぶよう指示を出す。

【第62話】ネタバレ・エロシーン『オナ禁の効用』

レジスタンスの生活が始まり数日、匠馬は状況に流され、第3班の女性達と色々と致してしまったことに深い罪悪感を覚える。

聖女機関を抜け出した理由は、里桜のためだったはずだ。

匠馬は初心に戻り、里桜を助け出すことを再度決意。

その決意の表明として、里桜から授かったパンツの温もりや匂いを洗い流すことで自らの戒めとすることを決める。

そして里桜を救い出すまで誰とも不埒な行為はしないことはもちろん、自分で処理を行うことすら禁じると堅く決意。

そして里桜の温もりの残ったパンツを洗いながら号泣する匠馬。

それから匠馬の禁欲生活が始まる。

性欲の処理をしてくれていた女性達とも不埒な行為を行わず、押し寄せる性欲に苦しむときには、里桜のパンツを顔に被り精神統一。

その生活が数日過ぎた頃、匠馬に変化が訪れる。

禁欲生活を送る匠馬の気力が充実し、目覚めの改善や作業効率の大幅UPしたのだ。

二週間後には第3班の貢献度成績はその他の班を抜きトップになっていた。

その頃には、匠馬の変化は顕著にみられ、肌がキレイになり、集中力が向上し、筋肉がつき、睡眠の質が上がることによりフェロモンを纏い始め、人生最大のモテ期へと突入。

そんな匠馬を陰から見つめる京の姿が。

高鳴る胸の正体を京自身はまだ理解していない。

その夜、いつも通りソファで就寝する匠馬は枕元の手紙を発見する。

手紙の中で指定された場所に赴くと、そこには顔を赤らめ、不満の表情を浮かべる京の姿が。

しかし京は匠馬の顔をみると、胸が高まり思わず走り出してしまう。

しかし焦って躓いてしまう京。

その京を支える匠馬。

二人の顔は不意に接近し、思わずキスをしてしまう。

感想

禁欲生活により、良い方向に進みそうだった匠馬ですが、逆に女性をひきつけるフェロモンを纏うことに…

そして最も匠馬を警戒していた京との恋愛に発展してしまいそう…

恋愛漫画あるあるですね!

デスティニーラバーズ ネタバレ
キャラクター紹介
第1巻あらすじ
第2巻あらすじ
1話 2話 3話 4話 5話 6話
7話 8話 9話 10話 11話 12話
13話 14話  15話 16話 17話 18話 
19話 20話  21話  22話 23話 24話 
25話  26話 27話   28話 29話 30話
31話  32話 33話  34話 35話  36話
 37話 38話  39話  40話  41話  42話 
43話 44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話 53話 54話
55話 56話 57話 58話 59話 60話
61話 62話