「デスティニーラバーズ」第3話ネタバレ・エロシーン紹介!ますますデスラバと似たような展開に⁉

前回までのあらすじ

 

ある日、三郷匠馬(みさとたくま)は好意を抱いている同級生の青柳里桜(あおやぎりお)に告白するが、今は付き合えないと撃沈。しかしその後、里桜に保健室に連れてこられキスをされる。そして「これから先、何が起きても自分を信じてほしい」と意味深な発言をされる。その後、匠馬は意識が失われ、気が付くと拘束された上、看護師の格好をした女性にエロい事をされてしまう。果たして匠馬は里桜との約束を守り、貞操を守ることは出来るのか⁉

第3話ネタバレ・エロシーン 「なんでも」

女性に激しいキスをされ、ついに勃起してしまった匠馬。手足の拘束も解けそうもない。女性は自らのパンツを脱ぎ、

「キスよりもっとスゴいの教えてあげる…」

と匠馬のズボンにベルトに手をかける。

もはやどうすることもできない匠馬の脳裏に里桜の姿が浮かぶ。

その時、ノックする音が聞こえる。

すると同様に看護師の格好をした二人の女性が部屋に現れる。

そして女性達は

「まったく、佳苗(かなえ)さん、抜け駆けはご法度です」

と不満を漏らす。
先ほどまで匠馬を攻めていた佳苗という女性は

「邪魔が入っちゃった、またね」

と匠馬への誘惑行為を止めどこかに去っていく。

ebookjapanなら全ジャンル漫画が揃う!?
\初回50%OFFクーポン配布中/

間一髪で匠馬は貞操を守ることができた。その二人の女性達は匠馬の拘束を解き、ある場所に付いてくるよう匠馬に伝える。

匠馬が連れてこられたのは、とある団体の所有・運営する病院。
匠馬が連れてこられた理由は急を要する事態の為らしい。急を要する事態とは、以前実施した健康診断と再採血の結果、匠馬は新種のウイルスに感染していることが確認されたとの事。そのウイルスは命に別状はないが、未知の部分が多いため、感染者は発見次第隔離し拡散を防ぐとともに、観察研究抗体開発に協力する被験者として、しばらくこの施設で生活を余儀なくされるのだ。ウイルスの存在は伏せたまま家族・学校・職場には長期入院といった形で通達済という徹底ぶりである。この施設での生活の間は外出厳禁・外部との連絡も禁止との事。

もちろん納得のいかない匠馬であるが、頭が混乱し、状況を把握することに手一杯だ。女性達に案内される間、匠馬は尋常ではない厳重な鉄格子を見かけてしまう。

ますます事の重大さを認めざるを得ないシロモノだ。

そして匠馬が案内されたのはある部屋だった。その部屋には、匠馬と同様に連れてこられただろう4人の男性達が待機していた。他にもおそらくナースであろう褐色の肌の女性と小柄な女性がみられる。

そしてナースの一人が、男性達に説明を始める。

「禁止事項に反しない限り、どのようにすごしても構いません。ご要望は私たち常駐のナースにお申し付けください。可能な限りなんでもお応えしますので…そう、なんでも…ね♡」

するとさらに一人のナースが現れる。副師長と呼ばれるその女性を見て匠馬は驚愕する。

その女性は匠馬の意中の人・青柳里桜だった。

第3話の感想

まさにデスラバと似たような展開!デスラバは明らかに物語の途中で終了してしまいましたが、この作品で必ず二つの物語が繋がるのだろうと確信しました。新しいキャラクターも続々登場してきましたので、今後どんどん展開が加速していきそうです!
第4話を見る>>

デスティニーラバーズ ネタバレ
第1巻あらすじ
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話
第13話 第14話  第15話 第16話 第17話 第18話 
第19話 第20話   第21話  第22話    

ebookjapanなら全ジャンル漫画が揃う!?
\初回50%OFFクーポン配布中/