炭治郎が鬼に。究極の展開が。「鬼滅の刃 201話ネタバレ」

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

200話ではやっとの想いで宿敵無惨を倒した鬼滅隊員。しかしその代償は少なくとも炭治郎、玄弥、悲鳴嶼、しのぶ、時透、甘露寺、伊黒、珠世が死亡するという犠牲が。炭治郎が息していない姿に義勇は右腕を失いながらも「また守れなかった」と悔やんでいた。そして炭治郎のもとに禰豆子が駆け寄る。

201話ネタバレ 鬼の王 ネタバレ

話は無惨の生まれた時の話になる。

無惨は生まれる前の母親の腹の中から心臓は何度も止まっていた。腹の中からいつも”死の影”がピタリと張り付いていて、生まれた時から死産だと言われるほど脈もなく呼吸もしていなかった。

赤ん坊のまま、息が無く火葬される際に初めて「踠き、産声を上げ」無惨は助かった。
極限状態を経験したこともあり、無惨は強く念じたことは必ず叶え実行して生きてきてきた。それでも一個体にできることは限界があった。

鬼滅の刃 201話より引用

無惨は自分が死ぬことを悟り、産屋敷が言っていた「生き物は例外なく死ぬ 想いこそが永遠であり不滅」という言葉を思い出す。
無惨は殺した人間など誰一人覚えておらず…しかし鬼滅隊が何世代も想いを引き継ぎ無惨さえも打ち負かしたこと思い出す。

無惨は鬼滅隊が想いを引き継いで目標を実現するという事実を初めて目の当たりにし感動して震えていた。

それと同時に肉体は間も無く、陽の光によって滅びることを無惨は悟っていた。

鬼滅隊が想いを引き継いできたように、無惨も想いを引き継ごうとする。
自分の体に吸収した、”呼吸も心臓も停止しているが細胞の全ては死滅しておらず生きている”炭治郎の顔に手を伸ばす無惨。無惨は炭治郎の顔に想いの全てを託そうと、無惨の血も力も全て注ぎ込む。

無惨の力を与え、炭治郎が即死を免れることができ生きることができたら…
陽の光をも克服し”最強の鬼の王”になると想定。

禰豆子と血を分け、過去に無惨を追い込んだ縁壱と同じ呼吸が使える”唯一の者”炭治郎、「私の夢を叶えてくれ炭治郎 お前が滅せ」と炭治郎に全てを託し無惨は滅びた。

場面は戻り、鬼滅隊員と義勇が炭治郎の死を悲しんでいる時に炭治郎が目を覚ます。しかし目を覚ました炭治郎はいきなり、鬼滅隊員をひっかこうとするが義勇が何とか阻止する。

何が起きたか全く理解できていない鬼滅隊員。

鬼滅の刃 201話より引用

陽の光を浴び、溶けそうになる炭治郎。
義勇は炭治郎が鬼になったことを理解し、「動ける者ーっ!!武器を取って集まれーっ!!」と叫ぶ。そして立て続けに「炭治郎が鬼にされた 太陽の下に固定して焼き殺す 人を殺す前に炭治郎を殺せ!!」と叫ぶ。

義勇は鬼になった炭治郎に人を殺させず、炭治郎のまま死んでくれと泣きながら思い、日陰に入ろうとする炭治郎を阻止する。

しかし鬼になった炭治郎は陽の光を浴びても陽光灼けが止まり、義勇を攻撃する炭治郎。
生き残っていた伊之助が何とか止めに入り、伊之助と善逸で鬼になった炭治郎と戦う。

伊之助は炭治郎が言っていた
「誰かが道を踏み外しそうになったら皆で止めような どんなに苦しくてもつらくても正しい道を歩こう」という言葉を思い出し、炭治郎の首を切ろうと。

しかし炭治郎の姿を思い出してしまい、
「斬れねえ だめだ炭治郎 できねえ」と涙しながら直前で刀を止める。

そして炭治郎は伊之助を攻撃しようとする…

202話ネタバレ 発売情報

少年ジャンプ20号 2020年4月13日掲載予定

201話までの状況整理

竈門 炭治郎 – 鬼になる
無惨 – 死亡

嘴平 伊之助 – 鬼になった炭治郎と戦うも情が湧き斬ることができない
我妻 善逸 – 鬼になった炭治郎と戦う
竈門 禰豆子 – 炭治郎の死を聞き涙しながら駆けつける
冨岡 義勇 – 鬼になった炭治郎と止めようとするも失敗
不死川 実弥 – 満身創痍
栗花落 カナヲ – 治療中

不死川 玄弥 – 死亡
悲鳴嶼 行冥 – 死亡
胡蝶 しのぶ – 死亡
時透 無一郎 – 死亡
甘露寺 蜜璃 – 死亡
伊黒 小芭内 – 死亡
珠世 – 死亡

202話ネタバレ 発売情報

少年ジャンプ 20号 2020年4月13日掲載予定

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

感想

衝撃の展開でしたね。やはり無惨はこのまま終わらず、まさか炭治郎に全てを注ぎ込み鬼化させるとは、なんと残酷で衝撃な。そして目が覚めると炭治郎は無惨の力を注ぎ込まれても即死することなく、陽の光を浴びても溶けない最強の鬼に。必死に義勇が止めるも、戦いの疲れから止めることができない展開に…
そして伊之助が交戦して、炭治郎のおかげで成長できたことを思い出し斬ることを情が入り止めてしまう…。あー、なんと残酷な。涙が止まらない展開に。