『無法島』第35話ネタバレ

前回までのあらすじ

ジンボのグループでは食料不足により混乱が生じていた。反抗勢力も生まれるが、ジンボは暴力で制圧する。しかし混乱に乗じて奴隷として扱われていた複数名が残り僅かな食糧を盗んで離脱。

第35話『まともな暮らし』

ジンボの指示を受け、離脱した奴隷たちを捜索する手下たち。

そこに突然一人の男が襲い掛かる。

ジンという、ジンボの元手下で以前カイトたちを襲い返り討ちにあった結果、ジンボの元には戻らず離脱した男だ。

ジンは手下たちが自分を殺しにきたと思い、彼らを襲い掛かったのだ。

手下たちはジンを殺しに来たわけではないと説明し、一旦今は争わないことを両者了解する。

ジンは去っていく手下たちに、自分たちに争っている余裕はないとジンボに伝えるよう呼びかける。

一方、山に潜むダイと奴隷たちは、捜索する手下たちの様子を山から確認していた。

ダイは10日ほど待てば、ジンボたちは飢えて体力も失われ内部抗争に発展するだろうと予想。

それまでは注意して身を隠し、最終的には自分たちが島を支配しようと画策していた。

そのジンボたちはこの5日間まともに食事をしていない状況。

そこでジンボは飢えて死ぬのではなく、悪党らしく奪って犯して殺すという本来の自分たちに戻ろうと手下たちに呼びかけ、カイトたちのアジトを指さす。

大勢集めて襲撃するつもりなのだ。

一方、カイトとオッサンとチャラは海で漁を行っていた。

その時、チャラは今の自分の思いを二人に語り始める。

この島で根を這って暮らしたい。

クズで人殺しの自分が仲間や女のために命を張ることができるほどに変わることができた。

そしてエミを本気で愛しているとチャラは涙を流す。

感想

仲間たちと安定した暮らしを求めるカイトたち。

そのカイトたちを襲撃しようと画策するジンボたち。

そのジンボたちの弱体化を待つダイたち。

カイトたちに安息の時が訪れる気配はありませんね…

ただ個人的に思うのは、カイトたちには安定した暮らしを過ごしてほしいと思う反面、狙われていることは分かっているのだから、もっと考えて対策すればいいのに…と思ってしまいます…

ジンボも然りですが…

場所も特定できていて、そこから動こうともしないたった5人の甘ちゃんのカイトたち…

落とすの簡単だろ!

【無法島・ネタバレ】
無法島・第1巻ネタバレ(1~9話)
第10話 第11話 第12話 第13話 第14話
第15話 第16話 第17話  第18話   
無法島・第2巻ネタバレ(10話~18話)
 第19話 第20話   第21話  第22話 第23話 
第24話 第25話   第26話 第27話   
無法島・第3巻ネタバレ(19話~27話)
第28話 第29話  第30話 第31話  第32話 
第33話 第34話  第35話  第36話  
無法島・第4巻ネタバレ(28話~36話)
第37話 第38話 第39話