「一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた」4話(前半)ネタバレ

最終更新日:2020-07-23

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた
1話(前半) 1話(後半) 2話(前半) 2話(後半) 3話(前半) 3話(後半)
4話(前半) 4話(後半)

3話(後半)では弱冠15歳にして剣武祭の優勝をもぎ取ったアレンだった。それと同時にアレンに、名門校「千刃学院」から推薦入学の話が。母に相談しに…久しぶりに故郷に帰ることに。母との再会に喜ぶアレンだったが、そこには「時の仙人」の姿が。しかも母と「時の仙人」は顔見知り!?

4話(前半)ネタバレ

アレンは実家の窯風呂に入りながら、名門校である千刃学院でたくさん修行して早く立派な剣士にと改めて意気込む。

とそんなころ、リビングでは「時の仙人」に対して背後からアレンの母親が殴りかかる。しかし時の仙人はスッと避けて「久しぶりじゃのう」と話し、「またどこかで会おうぞ」と言いながら姿を消すことに。

そして1人の村人が気配に気づき、アレンの家に駆けつける。そして「フンインは完璧だったはずだと?」と聞くも、母親は「もしかするとアレンの感情を強く揺さぶるような事件があったのかもしれないね…」と考える。と同時に、殺意も溢れ「時の仙人は何が何でもあたしたちの邪魔をするみたいだよ…今回ばかりはあんたの思い通りにはさせない…」と拳を握る母親。

まさか村が時の仙人と関係があることは何も知らずに…迷うことなく千刃学院に行けるようになったアレンは千刃学院の面接に向かうことに。
面接を何とか不器用にこなし…無事に合格した。

数週間後、3年間お世話になった寮の管理人「ポーラ」さんにお礼を言い千刃学院に向かったアレン。
こちらも無事に千刃学院の寮に辿り着き、まずは着替えることに。

そしてここから千刃学院での新しい生活が始まることになったアレンだった。

4話(後半)の情報

ヤングエースUP 2020年7月21日掲載

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた
1話(前半) 1話(後半) 2話(前半) 2話(後半) 3話(前半) 3話(後半)
4話(前半) 4話(後半)

感想

アレンの村、母親や村人と「時の仙人」はどういう関係なのでしょうか…。「時の仙人」は誰からも好かれておらず、何があったのか気になりますね。知る時には波乱の予感が…
そんなことも知らずに、アレンは無事に名門校である千刃学院にたどり着きましたね。名門校でも一億年ボタンで得たアレンの強さは通用するのでしょうかね!?