現代編突入!?まだ鬼滅の刃は続くのか? 鬼滅の刃 204話ネタバレ「鬼のいない世界」(画像あり)

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

203話では鬼になりながらも自我はあり、炭治郎の中の無惨と戦う。無惨は言葉で炭治郎を闇へ落とそうとするが、家族、鬼滅隊員、柱が炭治郎の手を取り現実世界で目を覚ますことに成功。そして鬼から人間にも戻り全ての決着がついた。

204話 「鬼のいない世界」 ネタバレ

舞台は、無惨を倒し人間に戻ってから3ヶ月が経っていた。
炭治郎は蝶屋敷のベッドの窓から満開の桜を見上げていた。そこには、人間に戻った禰豆子、寝ている伊之助と善逸の姿があった。

炭治郎の左手を禰豆子が支えながらいたが、その左手はお爺ちゃんみたいにしわしわになっており、肘から下の感覚は無かった。更に右目も形は整ってるだけで機能はしていなかった。
そして禰豆子は人間に戻り元気な姿であった。

そんな中でも炭治郎は「傷が残るだろうなあ…みんなにも申し訳ないよ」と気にしていたが、禰豆子が「そんなこと気にする人いると思う?もう謝るのはなし 次謝ったらおでこはじくからね」と兄妹らしい会話を続けていた。

禰豆子を噛んでも、禰豆子の中に一度鬼になっているため抗体を持っていることも明らかになる。

少し前に炭治郎は愈史郎とも話し、鬼にもなったにも関わらずギリギリまで自我が消えずに…と「本当によく頑張ったな えらいよお前は」と言い、旅立っていった。

一方残った鬼滅隊の柱である「実弥」と「義勇」は親方様の屋敷に来て最後の”柱合会議”を行っていた。
新しい産屋敷の親方から鬼を滅ぼすことができたことを改めて伝えられ、
「鬼殺隊は今日で解散する」ことを告げられた。

新しい親方「輝利哉」様と使いの2人は、深々と頭を下げ「産屋敷家 一族一同 心より感謝申し上げます」と伝えた。


そして炭治郎の元へは、今まで関わってきた柱であった「煉獄」の家族や刀職人のひょっとこ軍団、他の鬼滅隊員が炭治郎の元へと駆けつけていた。

そんな中、伊之助はお腹が空いたこともあり盗み食いをしに。

炭治郎は病室から出て、桜の木を眺めている「カナヲ」の元へ。
カナヲは眺めている桜の木は初代”花の呼吸”の剣士が植えた桜で、”必勝”という名前がつけてあるのと話す。

禰豆子はたまたま廊下で実弥と会い、弟の玄弥と禰豆子が被ることから優しい顔で、頭をポンと撫でた。炭治郎、禰豆子は「鱗滝」、「義勇」とも合流できみんな笑顔で話すのだった。

こうしてあまりにも多い命を失ったが、それと引き換えに悪い鬼はいなくなった。
そして炭治郎、禰豆子、伊之助、善逸は元住んでいた炭治郎の家を訪れ4人でご飯を食べと平和に楽しんでいた。


場面は、
時は流れ時代は現代に。

204話までの鬼殺隊たちの状況整理

竈門 炭治郎 – 生存
嘴平 伊之助 – 生存
我妻 善逸 – 生存
竈門 禰豆子 – 生存
冨岡 義勇 – 生存
栗花落 カナヲ – 生存
不死川 実弥 – 生存

無惨 – 完全に死亡

不死川 玄弥 – 死亡
悲鳴嶼 行冥 – 死亡
胡蝶 しのぶ – 死亡
時透 無一郎 – 死亡
甘露寺 蜜璃 – 死亡
伊黒 小芭内 – 死亡
珠世 – 死亡

205話ネタバレ 発売情報

少年ジャンプ 24号 2020年5月18日掲載予定

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

感想

ついに完全に無惨も倒し、この世から鬼がいなくなりましたね。と同時に、なんと犠牲が多いこと。柱は「実弥」と「義勇」だけ…
鬼がいなくなり無事に平和になり「完結か…」と思った所だったんですが、なんと最後の1コマが「そして時は流れ…」と。これは鬼滅の刃 現代編に突入か!?
とりあえず来週が楽しみです!