鬼滅の刃 199話ネタバレ 無惨が赤ん坊の姿で耐える!?※画像多め

最終更新日:2020-07-08

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

198話では伊之助、善逸が回復し無惨を必死に止めようとする。そして炭治郎、実弥、甘露寺、伊黒も回復しなんとか耐え切る状態が続いた。刀を赤くし、なんとか無惨をこのまま日の出まで耐えているとき、ようやく日の出が登り始めた。

199話ネタバレ 千年の夜明け ネタバレ

長い長い夜が過ぎ、ようやく朝日が差し込む。炭治郎、実弥、甘露寺、伊黒で無惨を壁際で抑えるも、必死に抵抗する無惨。

そして無惨の腹が変形した口で、炭治郎は左腕を失くす。しかしそれでも手を離さず無惨を抑え込む。だがそんな刀の刃は赤くなっておらず更に力を込める炭治郎。

すると義勇が炭治郎の後ろに来て、2人がかりで力を入れ刃が赤くなる日輪刀に。

日差しを浴びた無惨は、「体を縮めれば一瞬で灼き尽くされる 肉体を守れ 肉の鎧を」と言い、まさかの”赤ん坊”の姿になる。

炭治郎はそのまま盛り上がった無惨の肉体に吸い込まれ、柱以外の鬼殺隊員が必死に無惨を止める。
上から瓦礫を落とし足止め、車でアタックし足止め、電車を押して無惨を日陰から日向に押し込む。

しかし無惨は赤ん坊の姿になっても、日差しを浴びても、まだ凄まじい力で鬼殺隊員を押す。

実弥の”風の呼吸 玖ノ型 韋駄天台風”で手を切り足止めを。

行冥の武器の鎖で無惨の首に巻き付け、日向に押し込む。
日差しを浴びた無惨は徐々に溶けていくが、次は地面に潜ろうと必死に足掻く。

義勇の”水の呼吸 拾ノ型 生生流転”と、実弥の”風の呼吸 伍ノ型 木枯らし颪”で止める。

更には伊黒の”蛇の呼吸 肆ノ型 頸蛇双生”で止めるが、無惨の力は未だに衰えず止まらない。

そんなとき、無惨の体から炭治郎の日輪刀が。
そしてついに無惨は叫びながら、徐々に日差しで灰になっていく。

鬼滅の刃 ネタバレ
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻
6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻 20巻
199話 200話 201話 202話 203話
204話 205話      

感想

いよいよ日差しが出て、無惨の決着が着きそうですね。しかしまさかの無惨も日差しから守るために、肉を厚くし赤ん坊の姿で必死に抵抗。
にしても、赤ん坊の姿の無惨もめちゃめちゃ強い…

そして柱である鬼滅隊の技の連呼がかっこよすぎる…更には無惨の中から丹次郎の日輪等が!次回でついに決着がついてしまうのでしょうか!?楽しみでしかありません。。。