パラレルパラダイス 3巻のネタバレ(エロシーン含む)

最終更新日:2020-07-09

パラレルパラダイスは講談社の週刊ヤングマガジンにて掲載されている岡本倫による漫画作品。異世界ファンタジーでありエロ要素を含むジャンルに分類され、ダークエロファンタジーとされている。

2巻ではルーミ、ミサキ、モモと交尾し着々と命を救っている陽太。敵となる化け物カルによって女は殺され、陽太と交尾すると生き延びるという異世界の設定にも戸惑う。しかし順調にルーミ達カルテットとも仲良くなっていき、目的となる”嫉妬深い神”を追いかけることになる。

ebookjapanなら全ジャンル漫画が揃う!?
\初回50%OFFクーポン配布中/

パラレルパラダイス 3巻のネタバレ

3巻20話:バージン・プリーズ

クインテットのミサキとモモと交尾に成功した陽太。冒険から戻ってきた、ミサキとモモの首の痣を見たリリアは自分には交尾をしてくれないことからショックを受けて逃げ出す。
それを見た陽太はリリアを追いかけて部屋に。するとベッドに座っていたリリアは期待して既に発情状態に。

まずは裸になれと強気な陽太の発言に、更に発情するリリア。

待ちに待った陽太との交尾に絶頂するリリア。こうして無事に陽太とリリアの交尾は成功した。

3巻21話:ライブアライブ

無事に交尾も終わり、おかわりを要求するリリア。
しかしリリアの首には痣がつかない。

交尾をして非処女が首の痣なのか、それとも他に条件があるのか。”嫉妬深い神”が異世界にかけた呪いの解き方が本当に交尾をすることなのか疑う陽太だった。

その夜、見張りをしている「ハル」と話すことになる。
ハルはクインテットの中では一番崩月が近いことから交尾をしないかと聞く陽太だったが、無様な姿を曝け出すぐらいなら死ぬことを選ぶと断るハルだった。

しかしそんなとき、突然ハルの頭につけているヘアゴム的な”月”が崩れた。

3巻22話:散華

本来であればハルは後半年後で死ぬという予定だったが、急遽身体が光出し消え始めてしまう。ハルの異変に気づき、陽太が駆け寄るが成す術なく肉体が消えていく。

最後にハルは消えながらも陽太に触れて欲しいと頼み、触れられたと同時に「これは…気持ちがいいものだな…幸せだ…」と涙を流しながら去っていった。

必ず呪いを解く方法を見つけると誓った陽太だった。

3巻23話:宴×縁

次の日、陽太はジーニアスから聞いた”嫉妬深い神”の祠がある”リールの町”に行くため準備する。そして陽太の壮行会のためクインテットであるルーミ、リリア、ミサキ、モモと宴会をする。

目的を達し再びこの地に戻ってくることを祝し、貴重な”ミード”と呼ばれるお酒を飲む。案の定、全員ベロベロ状態でエッチな方向に。

3巻24話:蜜壺の罠

そして絶頂に達した陽太は気を失い、気がつくと4人に囲まれてベットの上に。
そして更に陽太は4人同時に交尾に誘われ、エッチなことをしていく。

そしてようやく次の街に向かう陽太。

「パラレルパラダイス」を読む

3巻25話:DROP

大乱行を繰り広げた翌日、陽太はようやく旅に出る。見送られる中、大泣きをするルーミ。そんなルーミを見かねてか、他のクインテットがルーミもついていく様に促した。

ルーミを付いていかせる様に促したミサキ自身も、本当は陽太と行きたかったがルーミに託した。

こうして”嫉妬深い神”の呪いを解くため、リールの街に向かった陽太とルーミ。

3巻26話:マンブル マーブル

ルーミは自分だけ我慢できずに泣き出して付いてきたことを気にしていた。陽太は、「ルーミにしか出来ないことでおれの役に立てばいい それでお前がおれと一緒にいる理由になるだろ」と元気付ける。

しかしルーミがあまり強いと思わないことを陽太は話し言い合いになった結果「道中おれがムラムラした時に交尾でお前を支えればそれでいい」と結局エロの方向になってしまう。

そして荒野を歩き陽が沈んだため、満点の空で野宿することに。目が覚めると、ルーミが口で…

翌日荒野を歩いていると巨人な岩のモンスター”テラゴーレム”と遭遇し襲われることに。

3巻27話:The rolling stone

巨人な岩のモンスター”テラゴーレム”はなぜか陽太だけを狙う。陽太が不運にもゴーレムに捕まったところで、ルーミがゴーレムの弱点の額を剣で突き刺し強力して仕留めることに成功する。

陽太は自分が男1人だから無双できると思い上がっていたことに後悔し、ルーミに誤りお礼を言う。
そしてルーミのご褒美に交尾、ちょっと移動しては交尾を繰り返してリールに向かった。

森で出会ったユニコーンには嫌われたが、なぜか気象の荒い”バイコーン”には好かれ載せてもらいリールの町にたどり着いた。

3巻28話:バイ・ザ・ウェイ!

リールの町にたどり着き、外の見張りをしていたガーディアンをしているトライデントの「ティア」という少女と出会う。

そして門を開いてもらうと海が広がっていた。リールは海の町であった。更にドジそうなトライデントの1人巨乳の「ハナハナ」とも出会う。

そしてトライデントであるもう1人「ピナコ」という少女もいた。非処女しか乗れないバイコーンに乗ってきたことからピナコは「この世に男は出現したということだ ならば一刻も早く…”嫉妬深い神”にご報告せねば…」と意味不明な発言をする。

3巻29話:lying on the beach

陽太とルーミはトライデントである「ティア」、「ハナハナ」、「ピナコ」と3人で話す。そこで”嫉妬深い神”について話すが、誰も知らない。ピナコは少し知っている様だが何かを隠しているように見えている。

“嫉妬深い神”の祠を尋ねてみると、ピナコから「100年くらい前に海中へ沈んでしまったそうよ」と告げられる。

これで手がかりがなくなった陽太とルーミは一度借りた部屋へ戻り休むことに。海を見ながら交尾をしていると、リールの町の地縛神のリルが登場する。

そして「”嫉妬深い神”ならもうとっくに死んだきゅ」と言われる。

ebookjapanなら全ジャンル漫画が揃う!?
\初回50%OFFクーポン配布中/

パラレルパラダイス 3巻の感想

3巻ではクインテットと大乱行して壮絶なお別れをした陽太。しかし次の街に行く時にも、化け物は現れ更にルーミとの仲も深まり見応えバッチリでしたね。そして何といってもエロと融合したストーリが非常におもしろくなっています。
次のリールの町でも非常に個性があり、綺麗な絵の女性が出てきましたね。そのメンバーと陽太の交尾シーンが気になり…そして最後には”嫉妬深い神”は死んだと壮絶の真実が。