アメノフル 1話ネタバレ「ついにスイーツバトルコメディがここに!」

食べるとお菓子を自在に生み出せるトイトイキャンディ。そんな夢のような話が現実に。それによって──東京は壊滅した。
主人公のツムギは、東京を壊滅させたお菓子である「ペロペロキャンディ」のお菓子使い。そのことは絶対に誰にもバレてはいけない…しかし、暴走した違法お菓子使いを前にしたツムギは!?
週刊少年ジャンプが贈る、前代未聞のスイーツバトルコメディ開幕!!

少年ジャンプ 公式サイト
アメノフル
1話 2話      

1話「雨の降る」ネタバレ

ある日お菓子会社のシンディトイトイはキャッチフレーズとして「世界に1つだけの特別なキャンディをあなたに」とありふれたキャッチフレーズの中お店がオープンしたのだった。誰もそんなキャッチフレーズを信じない中買っていたが…一粒食べるとお菓子を生み出せるといった人間が出現したのだった。

そんな能力者が生み出され、5年前にたった1人のペロペロキャンディ使いによって壊滅させられたのだった。5年経った今でも東京を壊滅したペロペロキャンディは捕まっておらず世間は未だに情報を集めていた。
今の日本はトイトイキャンディを食べたお菓子使いによる犯罪が多発しており、お菓子に武器という新たな一面ができたのだった。

そんな中、主人公である「水瀬ツムギ」はお菓子が大好きなごく普通の女子高生であるもお菓子使いだった。そしてそれがペロペロキャンディのお菓子使いであったのだ。
シュークリームを買った後にドーナツ使いに襲われるも、路地裏でこっそりとペロペロキャンディの能力を使い倒してしまうことに。
そんなところにお菓子使いを取り締まるためにできたルセットと呼ばれるお菓子警察の「三鳥ミサキ」という少年が助けに来て、ツムギに少し勘づくのだった。


学校に到着すると転校生として先ほどのルセットであるミサキが転向してきてしまい、カマをかけて何とかツムギの招待を暴こうとするも…ミサキはバカ真面目なほどいいやつで何とか誤魔化せることに成功するのだった。

ツムギも基本的にはお菓子使いの能力に関しては被ったりしないことからペロペロキャンディ使いであることがバレると…のため大人しくすることを誓うのだった。そして東京壊滅の際に、ツムギはもう1人のペロペロキャンディ使いを目撃していたのだった。


と学校帰りに朝に倒してルセットに拘束されているはずの強化したドーナツ使いにまたも遭遇してしまう。またもドーナツ使いに拘束されそうなときに…ミサキが助けに来たのだった。しかし一撃でボロボロ状態になるも、市民を守るためにツムギを逃すことに。

そんなミサキを見て、
ペロペロキャンディの能力を使い一撃で強化したドーナツ使いを倒したツムギだった。


しかしそんなペロペロキャンディ使いのツムギを見て、ルセットのミサキはツムギを捕らえようとするのだった。

まとめ

新しい感覚のお菓子×バトルというジャンルに!お菓子の能力があり夢のような能力が。ちなみにドーナツ使いのドーナツは食べたりすることとかもできるのでしょうかね!?
またツムギとミサキの絶妙な天然具合?やツッコミなど笑えるところもあり、この先の展開が気になりますね!