アメノフル 2話ネタバレ「逃げることをやめた決断」

アメノフル
1話 2話      

1話ではトイトイキャンディと呼ばれるお店のお菓子を食べたことにより出現したお菓子使いにより、5年前に東京が壊滅させられた。主人公のツムギもお菓子が大好きなごく普通の女子高生だがペロペロキャンディ使いだった。しかし東京を壊滅させたのはツムギでは無いペロペロキャンディ使いであるが…身の危険もあるため隠しながら日々を過ごしていた。
しかしドーナツ使いに襲われ、ルセットと呼ばれるお菓子警察のミサキの前でペロペロキャンディの能力を使ってしまったのだった。

2話「逃げてしまえば」ネタバレ

お菓子使いは一お菓子に付き1人だけのため、ペロペロキャンディ使いが2人いることを信じないルセットのミサキ。しかし怪我をしているかツムギには反抗もできず…そしてツムギは信じてもらえないため逃げることにするのだった。

ツムギは逃げるも…同時に街にマカロン使いが現れたことによりミサキはそちらに向かうことになる。

マカロン使いは強く怪我をしているミサキでは歯が立たず…更に近くにいる子供までもが犠牲になりそうに。そんな子供は泣きながらお菓子は大っ嫌いを泣き叫ぶ。
そんな子供の様子を物陰から見ていたツムギは、なぜ自分が逃げないといけないのか、そんなお菓子の能力を悪用する者のせいで子供がお菓子を嫌いになってほしくないことから逃げないことを決断する。

そしてそのままペロペロキャンディでマカロン使いを倒すことに。


そんなツムギを見てミサキは驚くも…
ツムギはもう逃げずに自分自身でペロペロキャンディに汚名を着せたやつを見つけ出してぶっ飛ばすことを誓うのだった。
そんなツムギの言動を見て、
ミサキは東京を壊滅させたペロペロキャンディはツムギでは無いことを信用することに決めたのだった。


こうして今まで隠れて平和に過ごしてきたツムギの大切な一歩を踏み出した。

まとめ

2話にしてマカロン使いも出現!しかしペロペロキャンディの力強すぎませんか?なかなかな悪そうなマカロン使いも一撃で倒してしまうという恐るべき能力。
しかしツムギも大きな一歩を踏み出して自分自身の力で、もうひとりのペロペロキャンディをぶっ飛ばす宣言。それを信じるミサキ。ここから2人のタッグがどうなるのか楽しみです!