アオのハコ 1話ネタバレ「千夏先輩」

アオのハコ
1話 2話 3話    

男子バドミントン部・猪俣大喜は、朝練の体育館で毎朝二人になる、女バスの先輩・鹿野千夏に恋をする。青さが胸を衝く、青春部活ラブストーリー、開幕!!

少年ジャンププラス

1話「千夏先輩」ネタバレ

主人公の「猪股 大喜」は中学3年生のバドミントン部だったが、部活を引退してからは高校の部活の練習に参加させてもらい朝は早めに行き自主練をしていた。もちろん部活のために早く行くという理由もあったが毎朝一番に会いたい人がいたのだった。

その相手は一つ学年が上である高校1年の女子バスケ部である「鹿野 千夏」先輩であった。
千夏先輩は冷たい空気の漂う体育館でひたすらシュート練習をしているのだったが、そんな千夏先輩のことを好きになっていた大喜だった。結婚したいななどと夢を見る大喜だったが、同級生の「笠原」に無理だろを言われるのだった。

その理由としては、
千夏先輩はバスケ部の次期エースであり実力、人柄ともにスター性がある校内問わずの人気選手だったのだった。

そんな恋話を男子だけでしていると後ろから新体操部であり同級生の「蝶野 雛」がやってくるも…雛のアドバイスはあまり参考にならずに断念。


体育館に行くと鍵はまだ空いておらず1人で座りながら待っている千夏先輩の姿があった。チャンスだと思い大喜は行くもなかなか話しかけてず…そして千夏先輩がくしゃみをしたと同時に、マフラー、温かいお茶、手袋、ホッカイロを渡そうとするも突っ走りすぎたのだった。

しかしマフラーは返され「風邪引かないように いのまたたいきくん」と名前を読んだ千夏だった。しかしマフラーのタグに母が書いた名前があることに気づいた大喜は恥ずかしそうにしながらも名前を呼んでもらったことに嬉しがるのだった。


次の日に学校に行く前にテーブルの上に千夏先輩が載っている雑誌が置かれていた。
大喜は「あ!」というも母には誤魔化すも、なんと母の昔のバスケのチームメイトの子供だったのだった。めちゃ接点あることに複雑に思う大喜だった。

しかし母から、家族の都合で千夏先輩が引っ越しをしてしまうことを聞かされるのだった。


大喜は慌てて家を飛び出し、
体育館に入り千夏先輩に「インターハイ行ってください」と伝えるのだった。それから親の転勤で…などと止めに入るも、千夏先輩は行かないんだ海外と話し、知り合いの家に千夏先輩だけ住まわせてもらうのだった。
またも突っ走った自分に恥じらう大喜だった。


次の日、大喜が目を覚ましリビングに行くと…
そこには千夏先輩の姿があったのだった。
春から憧れである千夏先輩との同居生活が始まるのだった。

まとめ

まさかの展開。男子誰でもキュンキュンすること間違いない展開に!
憧れの年上先輩と一つ屋根の下の同居生活が。
千夏先輩に惚れすぎている大喜ですが、ここからの同居生活どうなっていくのでしょうかね!?