『無法島』第26話ネタバレ

こんにちは、ニケです。
無法島、第26話のご紹介です。

やっと美空とカイトの心が繋がった前回。今回はどのような展開が待っているのでしょうか!?

ニケのプロフィールはこちら

【無法島・ネタバレ】
無法島・第1巻ネタバレ(1~9話)
第10話 第11話 第12話 第13話 第14話
第15話 第16話 第17話  第18話   
無法島・第2巻ネタバレ(10話~18話)
 第19話 第20話   第21話  第22話 第23話 
第24話 第25話   第26話    

前回までのあらすじ

20××年、政府は増え続ける凶悪犯に対し、試験的に流刑制度を復活させた。死刑に相当する凶悪犯62名が送られた島の名は、通称「無法島」──。
家族を惨殺され、無実の罪を着せられ、この島へと辿り着いた青年カイト。
島では暴力的な男たちが、食料や女を奪い合い殺し合いを始める。
そんな中、カイトは美空という女性と出会う。
美空はかつて複数の男に強姦され、家族を自殺に追い込まれ、仕返しに犯人たちを殺害したためこの島へ送られたのだった。
容姿端麗な美空を狙って、凶暴な男たちが何度も襲撃に来るが、カイトは持ち前の投球の腕前を、美空は剣道の腕前を駆使し、男たちを撃退する。
美空はカイトに少しずつ心を開いていく。そして、「自分はずっと一人だと思っていた。でもカイトがいつも助けに来てくれて嬉しかった」とカイトを後ろから抱きしめた。そして、「あなたは人の心のままでいてほしい」と伝えた。

『無法島』第26話 繋がる心 離れる心

カイト達からやっとの思いで逃げた性犯罪者の男・キネは、ジンボのアジトに戻っていた。
ジンボはキネのことを覚えてすらいなかったため、どんな罪を犯してこの島に送られたのかを訪ねた。


するとキネは「自分は女の子が好きで、女の子を部屋に連れ込むがしばらくするとすぐ死んでしまう。いうことも聞かないしオシッコモ飲んでくれない」を語り始める。

ヤングアニマル


それを聞いたジンボの側近の女たちは「こんなヤバイ奴殺そう」とジンボに言うが、人手が足りていなかったため”死体を埋める穴掘り係”として奴隷になった。

キネが死体を埋めてある場所に向かうと、そこには早速若い女の死体を埋める作業をしている男がいた。彼はダイと名乗った。ダイはストーカー殺人の罪でこの島に送られた男だった。



キネは若い女の死体に興奮し、その場で死んでいる女を犯し始めた。それをみたダイは、「君とは気が合いそうだ」とつぶやいた。

一方、カイトと美空は2人で漁をしていた。
日も暮れてきたころ、片付けをしながらカイトは美空に尋ねた。
「人のままでいてほしいと言っていたけど、それは自分が人じゃないという事?」
美空は
「そう。もう何人も人を殺した。人どころか生きる資格すらない」
と告げた。
カイトはそれでも美空とともに人として生きようとするが、美空は「もう遅い」と目を伏せるのであった。

感想

前回やっとカイトに心を開いたと思った美空でしたが、やはりまた心を閉ざしてしまったようです…。
自分は人殺しなのに、カイトに心を許して幸せになってはいけないという葛藤があるのだと思います。

【無法島・ネタバレ】
無法島・第1巻ネタバレ(1~9話)
第10話 第11話 第12話 第13話 第14話
第15話 第16話 第17話  第18話   
無法島・第2巻ネタバレ(10話~18話)
 第19話 第20話   第21話  第22話 第23話 
第24話 第25話   第26話