【第1話ネタバレ】童貞絶滅列島~ヤらなきゃ…死ぬ!~『発動』

ドゥモ、ぬめぞうであります。さて今回は「18歳以上の童貞は死ぬ!」という衝撃作品!
童貞のぬめぞうにとっては非常に恐ろしい作品であります…
ぬめぞうのプロフィールはコチラ

作品概要

作者:川崎順平
18歳を過ぎて童貞だと…死ぬ!? 馬鹿げた事態に童貞が大騒ぎする中、17歳の英利は一人のクラスメイトに恋をしていた。果たして誕生日までにヤれるのか!?

マガポケより引用

第1話ネタバレ『発動』

20xx年4月10日。それは突然始まった。それは国内の成人男性ばかりに起こり、一様に青黒い顔をして亡くなっている。原因は不明…

この緊急事態に首相官邸・地下緊急災害対策本部では、何が起きているのか、何が原因なのかを緊急会議を行っていた。その中で、ある共通点が判明する。それは…

18歳以上の童貞であること。こうして童貞の突然死が相次ぐ中、パイロットが童貞だった疑いで途中にヘリが突っ込むなど、この件に関して様々なニュースが報道される。

そのニュースを見る来海英利(くるみえいり)17歳に同級生の森久保信(もりくぼのぶ)17歳が焦った顔で話しかける。

ノブは未だ童貞のため焦っているわけだ。
一方、英利は小6の時に近所のお姉さんで済ませているというが、実は…

英利もまたゴリゴリの童貞だが、彼は諸体験の相手は心に決めている。

雨宮乃亜というクラスメートだ。

英利は中学の頃から雨宮に想いを寄せていた。テストの時に消しゴムを忘れた英利に優しい笑顔で消しゴムをくれたことがきっかけだ。英利はその消しゴムをまだ大事にとっておいてある。

思い出にふける英利にもう一人の同級生が声をかける。

志村悠(しむらゆう)もまた同級生の17歳だが、明日18歳の誕生日を迎えることになっている。18歳になった瞬間死んでしまうのではないかという不安に駆られた彼は、英利と同様、雨宮に想いを寄せていたため告白しようとする。

焦った英利は志村を止め、レベルの高い雨宮の前にレベル上げをしようと提案する。

そして放課後私服で集まることに。放課後集まった三人は「志村生誕記念童貞脱出大作戦」を決行すべく、四千円を握りしめ、ソープランドに直行する。

しかし受付にあっさりと高校生と見抜かれ撃沈。さらには入浴料だけではサービスを受けられないという現実まで叩きつけられる。そこにオーナーが現れ、今日から童貞に限り入浴料もサービス料も10倍になると告げられる。

「18歳以上で生き残った童貞」という言葉に引っかかる英利。そんな中大金を握りしめた童貞たちが店に押し寄せる。高校生の三人はとても出せる金額ではない。

ハンバーガー店で打ち合わせをする三人。そこで英利は先ほどオーナーが言っていた「18歳以上で生き残った童貞」という言葉から、童貞だからといってすぐ死ぬわけではないのではと言う。

その言葉を聞いて志村は尚更思う。

志村の言葉に強く同意する英利とノブ。そこで三人は街中でナンパする作戦に変更。志村は何十回も挑戦するが全て撃沈。

携帯で時間をみると、すでに日が変わるまで残り6分となっていた。その時間を見て志村はナンパを諦め、協力してくれた英利とノブに涙を流しながらお礼を言う。

しかし英利は諦めない。積極的に女性に声をかけ、志村のいいところ必死で紹介する。しかし中々うまくいかない。

それでも諦めない三人。

そこに警察が現れる。警察に弁明をしていると…

突然、志村が青黒い顔をして地面に倒れる。

第1話のまとめ・感想

18歳以上の童貞が次々に死んでいく。そんなありえない事態に陥る日本。童貞の英利は同じく童貞のノブと志村と街に繰り出し何とか誕生日までに童貞を捨てようと行動する。志村の18歳の誕生日は明日に控えている。ソープに行ったりナンパしてみるが、ことごとく撃沈。そしてついに志村が18歳となる時間が来てしまった。そして志村は青黒い顔をして地面に倒れる…
志村は18歳になった瞬間死んでしまった。しかし18歳以上の童貞でも生き残っている者が大勢いるのはなぜか!?

なんと恐ろしい作品でありましょうか…
ぬめぞうもこうなってしまうのでありましょうか!?

ぬめぞうのプロフィールはコチラ