「デスラバ」第5巻ネタバレ・エロシーン紹介~エロサバイバル・アイランド編~

最終更新日:2020-05-23

第4巻あらすじ

 


上条の暴走や伊良部のリア獣化など、様々なトラブルに見舞われた一同。男性達が滞在する監獄に、女性看守の上司にあたる人間が訪れる。その人間が引き連れてきた多数の女性が男性陣を取り囲み注射を打つ。男性陣は意識を失ってしまう。藤代が目を覚ますと、そこは南の島だった。

「デスラバ」を購入する

第51話ネタバレ・エロシーン

伊良部とのセックスを果たした絵里奈は保護施設へと移るため、任務を共にした仲間たちとの別れの挨拶をする。遅れてさやかも合流し、ミッションを果たせなかった愛奈や蜜子に、二人にはお咎めがないことを伝える。しかし所長を務めたさやかは、その責任をとる必要があった。さやかが最後に仲間たちに感謝の気持ちを伝え、別れるのであった。



場面は南の島へ。
藤代は状況把握に努めるが、さっぱり現状が理解できない。腕には取り外しのできない腕時計のような液晶画面のみの機具が取り付けられている。

頭を悩ます藤代の視界に、突如褐色の肌の女性が現れる。

誰だ!藤代がと声をかけると、その女性は警戒と威圧の表情を見せる。

第52話ネタバレ・エロシーン

女性を目の前にして藤代もまた監獄にいた時のように童貞を奪おうとしてくるのではと警戒する。

童貞を奪われないように色々と考える藤代を目の前に、女性は突然立ったまま寝始める。その隙にそっと立ち去ろうとする藤代だが、その背後から木の棒で頭を殴られ失神してしまう。

第53話ネタバレ・エロシーン

目を覚ました藤代の視界には馴染みの顔が並ぶ。監獄で時を共にした風祭大河原だ。そこに2名の見知らぬ男性が現れる。

キャラクター紹介はコチラ

眼鏡をかけたひ弱な体格、だが態度は大きい鎌田義久(かまたよしひさと、鎌田とは正反対で筋肉粒々の腰の低い好青年・原田隆史(はらだたかし)である。

お互いの情報を交わしながら、現状の把握に努める。その中で、藤代はこの島で女性に出会ったことを伝える。原田も見かけたようだが、すぐに逃げてしまい目的は不明とのことだった。そうこうしているうちに陽が落ちてきたため、場所を移すことに。原田の情報ではホテルのような建物があるらしく、一同はそこに向かう。

第54話ネタバレ・エロシーン

ホテルにたどり着いた一同。しかしホテルには鍵がかかっており、中に入れない。中に入れず困っているところに、突如「何をしている!」と声がする。そこには水着を着た5人の女性が。

キャラクター紹介はコチラ

監獄での経験から、男性陣は女性達の目的は童貞を奪うことであろうと考えるが、どうもその様子はなさそうである。むしろ強い敵対心が見受けられる。すると突如ホテルの扉が中に入れと言わんばかりに独りでに開く。とりあえず中に入る一同であったが、目の前に現れたのは、金髪に髪色を変えたさやかであった。

第55話ネタバレ・エロシーン

さやかはこの島は聖女機関の実験場であり、皆は被験者、すなわち実験台であることを淡々と告げる。まるで記憶をなくしたかのように藤代にも興味を示さない冷たい視線を投げかける。

さやかは説明を続ける。先日、機関の研究所である新薬が開発された。その新薬とはリア獣化を防ぐ薬であり、それはすでに男性陣に投与されているらしい。しかしその新薬が効くかどうかはまだわからないようだ。

そして女性陣が選ばれた理由として、彼女達は聖女機関に異を唱える抵抗勢力、とりわけ男性とセックスし、子を作ることに反対している全員処女で男嫌いの女性達であったからだ。

この実験の目的は実験台となった男達と聖女機関に従わない女達をセックスさせ検証するためであった。

さやかの説明に対して、女性達の一人である”中渕えな(なかぶちえな)”が怒りの表情をみせる。そしてさやかに詰め寄る。一気に距離を詰めさやかに襲い掛かるが、さやかは人間離れした体術で”えな”を圧倒する。

第56話ネタバレ・エロシーン

さやかは説明を続ける。この島で生き抜くための水や食料、毛布や個室の鍵まで用意している。しかしそれらは景品であり、あることをしなくては手に入れることができない。名付けて「エロサバイバル生活」を皆に行ってもらうという。

エロサバイバルとは、

①参加者は異性へのエロ行為によりポイントを獲得することができる。
より過激により強烈に興奮させるほどポイントが加算される。
③判定を行うのは装着しているバングルで心拍数を測定し、ポイント化するプログラムが実装されており獲得したポイントはその都度画面に表示される。
獲得したポイントは景品と交換できる。
⑤最も高い景品は、島の外へ出るコースまたはホテルのスイート永住権(100万ポイント)

ちなみにセックスをした時の獲得ポイントは最高得点の100万ポイントである。

これらの内容を考慮してどのような道を選ぶか自分たちで決めろと言い、さやかは全員をホテルから追い出す。ホテルから追い出された一同は、男女に別れてこれからどうするか話し合う。

そして男性陣の導き出した結論は…

第57話ネタバレ・エロシーン

土下座してキスを要求する男性陣。嫌がる女性陣だが、生き抜くため渋々これを承諾。

キスするのは眼鏡をかけた地味な女性・坂口洋子(さかぐちようこ)風祭

二人がキスをするとそれぞれにポイントが加算される。しかし二人ともあまり興奮していなかったため、たったの5ポイントしか加算されていない。カップ麺にも100ポイントが必要なため、これでは埒が明かない。

そこで鎌田が自信満々に口を開く。

鎌田は自分の戦略に自信があるようだ。再度、キスをお願いする男性陣。キスをするのは、先ほどと同様の洋子鎌田

キスを使用したその時、鎌田は洋子の眼鏡叩き飛ばす!
あれだけ冷静だった洋子が眼鏡を外されると何もできず狼狽する。

その洋子に対し、鬼畜な鎌田はブラジャーを剥ぎ取る!

「デスラバ」を無料で読む

第58話ネタバレ・エロシーン

鎌田の行動に怒った”えな”は男性陣に襲い掛かる。しかしそれを予想していた男性陣は、自ら素っ裸になり、「チン〇の壁」を形成!

見事男嫌いの”えな”の動きを止めることに成功する。しかしそこに思わぬ伏兵が現れる。海老原絢美(えびはらあやみ)である。

なんと彼女は兄と弟がいるため、チン〇を見せたくらいでは止まらない!

次々とチン〇の壁をすり抜け、洋子にたどり着こうとしたその時、未だ着衣していた原田がチン〇をあらわにする。非勃起状態にも関わらず、その威風堂々とした存在感を示す原田のチン〇は、見事、絢美の突撃を止めるのであった。

ここから男性陣の攻撃が始まる。

第59話ネタバレ・エロシーン

見事チン〇の壁で女性陣の突撃を制圧した男性陣。しかしチン〇を見せているのは男性陣にも関わらず、ポイントは女性陣へ。その理由は「露出狂のロジック」だった。つまりチン〇を見た女性陣は全く興奮せず、見せた男性陣が興奮してしまっため、女性陣にポイントが入ったわけだ。

しかし鎌田それでもなお自信を見せつける。そして鎌田が向かった先はいまだ眼鏡を探している洋子のもとだった。そして視界が奪われている洋子を弄ぶ卑劣な行為に走る!

第60話ネタバレ・エロシーン

鎌田の卑劣な手口により、洋子も感じてしまう…

”えな”は助けに入りたいが、目の前にはチン〇の壁があり、助けに行けない。そこで”えな”は思いつく。見なければ良いのだと。そして目を閉じながら突撃し、見事、鎌田を飛び蹴りで成敗する。

洋子を助け出し、去っていく女性陣。兎にも角にも何とかポイントを獲得した男性陣。鎌田が稼いだポイントは500ポイントになっていた。

第61話ネタバレ・エロシーン

鎌田が稼いだ500ポイントで、カップラーメンを獲得しにホテルに入った男性陣。そこにはすでに食事をする女性陣の姿が。つまり洋子を弄ぶ鎌田が興奮していたため、女性陣にもポイントが入っていたわけだ。ということは協力し合えばポイントが稼げるのでは?という男性陣の問いかけに、女性陣は「協力するくらいなら死を選ぶ」とこれを拒絶。

そして食事をしてから二日間、彼女たちは姿を現さない。このままでは皆、野垂れ死んでしまう。と思ったその時、何かが近づいてくる音がする。それは飯田美穂(いいだみほ)という女性陣の中でも大人しそうな女性だった。そして美穂は突然脱衣し言う。

「好きにして…」

第62話ネタバレ・エロシーン

好きにしてと服を脱ぐ美穂。その目的は女性陣もまたポイントが必要だからである。そして美穂は他のメンバーには内緒で自らが犠牲となりポイントを稼ごうと考えたのだ。男性陣もそれに乗らない手はなく、美穂は藤代、鎌田、原田の三人を同時に相手をする。

極限まで興奮と空腹が高まった藤代は理性を失い、抑制が効かなくなっていた。そして抑えられず美穂へ挿入しようとする。

第63話ネタバレ・エロシーン

藤代がよもや挿入しようとしたところで、原田が藤代をラリアット。やっと藤代は正気を取り戻す。

危ないところはあったものの、かなりのポイントを稼ぐことができた男性陣は、今まで抑えてきた欲望を爆発させるべく、豪華な食事に、個室の宿泊券など、ポイントを消費していく。しかし折角のポイントをこんな浪費してしまってよいのかと浮かない顔の藤代。そこに大河原が、某漫画で聞いたことのあるようなセリフで藤代を諭す。

一方、同様にかなりのポイントを獲得した美穂は皆のために食料やテントを確保する。そして豪快にポイントを消費した男性陣は、ポイントを使い切ってしまいまたもや追い込まれた状況に…

第64話ネタバレ・エロシーン

ポイントを使い切ってしまった男性陣は、交渉をしに女性陣のもとへ。協力を求めるが、女性陣は断固拒否。取り付く島もない。しかし女性陣も食料もわずかとなっている。今後の対策を考える一同。

そこにさやかによる放送が流れる。その内容は「強制参加のイベント」が開催されるというものだった。そして「ドキッ★水着だらけの無人島スポーツ大会」が開催される。

第65話ネタバレ・エロシーン

その大会では、賞金10万ポイントを巡ってアルティメット騎馬戦なるもので争われる。ルールは

①騎乗の人物が着けたハチマキを奪い合うこと。
②殴る蹴るの暴力行為は禁止。
③騎馬を崩さないようにすること。
④ステージであるマットの外に出ないこと。

そしていざ騎馬戦が始まる。開始早々、違和感を覚える一同。床にローションが塗られていたのだ。

戸惑う一同だが、脅威の身体能力を持つ”えな”がいともたやすく飛び跳ね、一瞬のうちに鎌田の巻くハチマキを奪い取る!

思いもよらず、一瞬にして終わってしまったと思いきや、さやかからまさかの一言が。

「チャレンジタイム発動‼」

無人島で生き残るために始まったエロサバイバル生活。
中々相容れることのできない男女。
そしてポイントを獲得できるチャンスのアルティメット騎馬戦!
ポイントを獲得できるのは男性陣か、はたまた女性陣か⁉

第6巻に続く

「デスラバ」を購入する