漫画「デスラバ」~アイランド編~キャラクター紹介

「デスラバ」~アイランド編~のキャラクターを紹介しています。

デスラバ・ネタバレ
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻
第5巻 第6巻 第7巻 第8巻(最終巻)

「デスラバ」を購入する

アイランド編のあらすじ


監獄の次に藤代が連れてこられた場所は無人島。そこでは童貞5人と処女5人が集められ、異性を興奮させたらポイントが入るシステムのもと、サバイバルゲームが行われる。果たして童貞達は純潔を守ることが出来るのか?

キャラクター紹介

〇男性陣(童貞)

藤代康介(ふじしろ こうすけ)

本作の主人公。幼い頃に伊府さやかという少女とお互いが初めての相手になることを約束し、それを守ってきた。アイランド編では、中淵えな(なかぶち えな)という女性に惚れられるが、さやかとの約束を守り、告白を断った。性感帯は乳首。

大河原岬(おおがわら みさき)

藤代と共に監獄に拉致された童貞の一人。栗のような風貌の太った24歳の青年。監獄では純潔を守り(女性達に相手にされなかった)アイランドに移送された。アイランド編でも相変わらず女性と恋愛に発展する様子はない。

風祭俊太(かざまつり しゅんた)

藤代と共に監獄に拉致された童貞の一人。16歳。小柄で中性的な顔立ちの少年。女性の嗜虐心をあおる性質の男でありながら、女性との経験はない。アイランド編では彼が童貞である理由が明らかにされる。

鎌田義久(かまだ よしひさ)

アイランド編にて初登場の眼鏡をかけた細身の男性。藤代達とは別の施設で監禁されていた。童貞でありながら知識は豊富。しかしその知識は男性向けの恋愛雑誌から得たものである。何かと上から目線で物を言う嫌われる性格。また他人を踏み台にするような画策を平然とやってのける倫理観を持つ。

原田隆史(はらだ たかし)

アイランド編にて初登場のマッチョな青年。藤代達とは別の施設に監禁されていた。物腰は柔らかいが、自信がないのかオドオドしている。体格の良さに見合わず、学生時代は卓球に勤しんでいた。他人を思いやる優しい性格の持ち主。

デスラバ・ネタバレ
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻
第5巻 第6巻 第7巻 第8巻(最終巻)

〇女性陣(処女)

中淵えな(なかぶち えな)

アイランド編にて初登場の女性。類まれな身体能力を持ち、凶暴な性格。蒸発した父親について母親の恨み言を聞かされて育ったため、男を敵視するようになった。聖女機関に異を唱える抵抗勢力のリーダーを務める。

海老原絢美(えびはら あやみ)

アイランド編にて初登場の少女。華奢で可愛らしい風貌の持ち主。もともとはアイドルをしていたが、ファンに襲われたことがトラウマとなり、男性に恐怖を覚えるようになった。

坂口洋子(さかぐち ようこ)

アイランド編にて初登場の女性。眼鏡をかけた真面目そうな風貌の持ち主。眼鏡を取るとパニック状態となり冷静さを途端に失う。しかし眼鏡を取るとかわいい。

飯田美穂(いいだ みほ)

アイランド編にて初登場の女性。グラマラスな肉付きのよい風貌。メンバーの中でお姉さん的な存在で、常に仲間を思いやり、自己犠牲もいとわない。

大場ちか(おおば ちか)

アイランド編いて初登場の女性。健康的な肉体に褐色の肌を持つ。身体能力が非常に高い。訛りが強く、それを聞かれたくないためあまりしゃぺらない。明るく仲間想いの性格。

〇聖女機関

伊府さやか(いぶ さやか)

藤代と幼い頃に初めての相手になろうと約束した女性。監獄編に続きアイランド編にも登場するが、正確や風貌までも大きく変わってしまう。監獄では藤代を守ろうという意識が強くみられるが、アイランド編ではそのような動きはない。またアイランド編では、リア獣を素手で撃退するほどの体術を身に着けている。

デスラバ・ネタバレ
第1巻 第2巻 第3巻 第4巻
第5巻 第6巻 第7巻 第8巻(最終巻)

「デスラバ」を購入する