「枯れ専女子高生と時かけおじさん」:1話ネタバレ

枯れ専女子高生と時かけおじさん
第1話        
         

こんにちは、ぽむです!
今日からご紹介するのは、アラフォーおじさんが主人公の漫画です☆
少し前までは「おじさん」にとっては不遇の時代でしたが、今は女性もおじさまたちに癒やされたい時代なのかも…!?

★ぽむのプロフィールはコチラ★

作品紹介

 ももたんさんにより、ビーズログCHEEKにて連載中。

アラフォー社畜が青春時代にタイムスリップ!! 体はピチピチの男子高校生! しかし中身は完全なるおじさんだった…。 時をかけるおじさん…もとい「時かけおじさん」と、おじさんくさい彼がスキ☆な枯専女子高生が織り成すノスタルジック・ラブストーリー。

ebookjapanより引用

 

 

1話のネタバレ

 日向よう(ひなたよう)は黒髪の美少女。だが、枯れ専

枯れ専(かれせん):枯れた雰囲気の人を恋愛の嗜好に持つ人、中年男性を恋愛対象とする人、などの意味の表現。(実用日本語表現辞典より)

 10代男子には全く興味がない。はずだったが…。

 

 昼休み、ようは同級生のとランチをしながらテレビ情報誌を熱心に眺めていた。お目当ては表紙のジャニーズ…ではなく、朝ドラの小林薫氏のピンナップ。そんなおじさま好きのようも、学校でときめくものを見つけたという。それは…

 足を組むとちらりと見えてしまう、制服のスラックスと靴下の間の日焼けしていない白い肌(ようにとっての絶対領域、これがなんともたまらないというのだが、藍にはサッパリ理解できない。

 この絶対領域の持ち主は同じクラスの曽根崎君。席は近いが、後ろの席のため堂々と見つめることができないと悩むようは、もっと接点が欲しいと悩む。地味で運動が苦手くらいしか特徴を見出だせない藍としては、ますますどこがいいのかわからない。しかしようにとっては…

 この曽根崎君の『枯れ味(かれみ)』を見ていたいようは、バスケ部の藍に相談したかったのだ。

 藍が先輩からよく聞くこととして、ようにアドバイスしたのは、『自分から動く』こと。ようは早速実践に移す…!

 慌てて藍がようを取り押さえる。ようは曽根崎君を録画すれば、いつでも枯れ味が見れると思ったようだが…。

 藍の説得により、言葉を訂正。

一緒に勉強しよう?

と曽根崎君を誘い、放課後に図書館で会う約束をした。

 

 …曽根崎君は非常に戸惑っていた。綺麗で掴みどころがない高嶺の花の存在のようがこんなお誘いをしてくれるなんて…『元の高校時代』にはなかった!! もしかして…

 

 

枯れ専女子高生と時かけおじさん
第1話        
         
「枯れ専女子高生と時かけおじさん」1巻を購入するなら

↓↓↓

ebookjapanがお得に安心して読めるのでおすすめです!

・取扱冊数は国内最大級!安心の電子書籍販売サービス
・常時2,800冊を超える、無料マンガ★
・お得な初回半額クーポン
・【PayPay】で支払可能、ボーナスも!
・【Yahoo!プレミアム会員】なら、さらにお得!。
・【背表紙本棚】はebookjapanだけの独自機能!

8月は【PayPay】で漫画を購入すれば最大50%還元!

▼ebookjapanで漫画を探す▼ 漫画を探す

感想

曽根崎君の中身のおじさんみを一発で嗅ぎ当ててしまうなんて…ようのおじさん好きはホンモノですね…!
アラフォーになってから高校生の自分に戻ったら、あの頃見えた世界と全然違う世界が見えるんだろうなぁ…♪

★ぽむのプロフィールはコチラ★