「直接対決の始まり」タイムパラドクスゴーストライター:9話ネタバレ

タイムパラドクスゴーストライター
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話

8話では次から次と未来からメッセージが届き、パニックになる哲平。しかし哲平は覚悟を決めて、藍野伊月(アイノイツキ)を助けるために「ホワイトナイト」を描き続けることに決意する。そしてそれと同時に藍野伊月(アイノイツキ)が未来で死ぬという運命に逆らう覚悟が開幕した。

9話:「白紙の続き」ネタバレ

担当である「宗岡」の元へ哲平がネームを持って行った。しかし哲平の顔に笑顔はなく、顔には深いクマが。
そんな哲平が描き継いだオリジナルの46話を読んで宗岡は、
「この回はちょっと描き直した方がいいかもしてない…十分合格点ではあるんだけどさ…いつもの「ホワイトナイト」らしい切れ味が無いというか… “予想を大きく超えてくる面白さがない”」と評価されてしまう。

タイムパラドクスゴーストライター:9話より引用

もう一度、見直すことにする哲平。
そんな時にまたも未来からのメッセージなのかと疑問に思う哲平だった…そして宝くじの数字を見てみると…本当に数字が一致していて、改めてやるしかないと気づくのであった。

今はアシスタントである藍野伊月(アイノイツキ)にアドバイスを送りながらも、藍野伊月(アイノイツキ)が落としたキャンバスには「ANIMA」のネームを書き始めていた。

哲平のオリジナルで描くしか無い46話の締め切りまで7週間、必死に物語を考察し作っていく。
極限状態にもなり、「凡人が天才の代わりを務めるなど まして超えるなど不可能だ」などと幻覚を見ることも。

物語は半年後になり、
藍野伊月(アイノイツキ)は予言通り、「ANIMA」で連載を勝ち取り、アシスタントを外れた。
そして藍野伊月(アイノイツキ)からは、
「やっと…勝負開始ですね!負けませんよ!」と握手を交わす。と同時に哲平も「絶対に勝つ…それだけだ 勝って未来を変えるんだ」と誓う。

ついに天才である藍野伊月(アイノイツキ) VS 哲平の戦いが始まった。

タイムパラドクスゴーストライター:9話より引用

「タイムパラドクスゴーストライター」10話の情報

週間少年ジャンプ33・34合併特大号 2020年7月20日発売

タイムパラドクスゴーストライター
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話

感想

激アツな苦しい展開が続いていますね。 そんな中、藍野伊月(アイノイツキ)の命を助けるために藍野伊月(アイノイツキ)に「ホワイトナイト」は勝てるのでしょうかね…いよいよ天才との戦いが始まりましたね。