【少年ジャンプ+】の特徴・お得な楽しみ方を解説!

最終更新日:2020-03-09

漫画をお得に読むことができる方法があることはわかったんだけど(まだご存知でない方はコチラのページをご覧ください!)、どのサイトから試そうか迷っちゃって…。

そうだよね…これだけたくさんのサイトがあると、どこが自分に合っているサイトなのかわからないよね…。

各サイトの特徴とか、使いやすさとかがわかると嬉しいんだけど…。

 そんなアナタのために、各サイトの特徴をざっくりと説明します!

 

 

【少年ジャンプ+】の特徴

運営会社 ㈱集英社
月額料金 なし
コイン付与 初回インストール時、ボーナスコイン100コイン
最新の人気マンガ
無料のマンガ
マイナーなマンガ
TL /BL / アダルトなどのジャンル買い ×
強いマンガジャンル 少年ジャンプオンリー
雑誌
小説 ×
実用書 ×
洋書 ×

 少年ジャンプ+では、2020年3月2日から、新型コロナウイルスの影響で学校が臨時休校となり、自宅待機を余儀なくされている子どもたちのため、『週刊少年ジャンプ』のバックナンバー(2020年1号~13号)が3月31日まで無料公開されています!

 

 

【少年ジャンプ+】で電子書籍を読むためにダウンロードするアプリ

 少年ジャンプ+で無料漫画を読むだけでしたら、アプリを入れなくてもブラウザ上で直接読む(Web版少年ジャンプ+を利用する)こともできます。通信量節約のため、オフラインで読みたい場合はアプリをダウンロードしてみてくださいね!

オフラインでの読書 (連載は ×
アプリ:「少年ジャンプ+最強人気オリジナルマンガや電子書籍、アニメ原作コミックが無料で毎日更新の漫画雑誌アプリ」
(「App Store」or「Google Play」で無料で入手できます!)

 アプリのインストールの仕方は、以下をご参照ください!

 

 

【少年ジャンプ+】のお得な楽しみ方

無料連載

 「無料連載」をクリックすると、1話ずつ読んでいける漫画がズラッとラインナップされています! だいたいどの漫画も最初の数話と最新の数話が無料で読むことができます。有料話を読むにはコインが必要です。

 気になった漫画をクリックしてみましょう。

 気に入った連載は「☆」をクリックしておくと、本棚の「お気に入り」に収納されます。本棚は、左上の三本線をクリックすると見ることができます。

 作品ごとに更新頻度がバラバラなので、お気に入りに登録しておくと更新を通知してくれて便利ですよ!

 

初めて読むときは全話無料サービス

 少年ジャンプ+で連載中のオリジナル作品のみ、有料話を一回目だけ無料で読むことができます!(読み始めたものの閉じてしまったり、別の話に切り替えてしまったら、読み終わっていなくても再度読むにはコインが必要になります。)

 話題の「SPY×FAMILY」も一気に読めちゃいますよ!!

 アプリを再インストールAndroid端末内の「データの削除」を行ってしまうと、初回無料機能を使用できなくなってしまいますので、くれぐれもお気をつけください!

毎日ボーナスコインがもらえるジャンケンバトル

 有料話を読むためのコインですが、ジャンケンバトルをする・広告動画を見ることで毎日もらうことができます。

 ジャンケン・広告動画以外でコインをもらう方法が、上記の「サービス利用」なのですが、こちらを利用するのはあまりオススメしません。クレジットカードを作ったり、月額サイトに登録したりするとコインがもらえる仕組みなのですが、リスクが少なく簡単なサービスほど、もらえるコインは少ないです。

 頑張って簡単なサービスを見つけて登録するよりは、ebookjapanなどで半額キャンペーンなどが行われているときに大人買いしてしまった方がお得なのではないかと思います!

 

 

【少年ジャンプ+】の特徴・お得な楽しみ方を解説!まとめ

 少年ジャンプ+の特徴をざっくりとご紹介しました。

 漫画は人気のビッグタイトル多数で圧倒されるラインナップなのですが、アプリとしてはリンクが多くゴチャゴチャしていて使いづらい印象でした(特にジャンプ初心者にとっては)。

 ただ、毎日、何らかのマンガの最新話が無料で読める点は、単行本で途中まで作品を読んでいる人や、ずっとジャンプを買っている人にとってはすごく魅力的なシステムです!

 以上の特徴から、筆者が少年ジャンプ+をオススメするのは以下のような方です!ご参考になれば嬉しいです♪

【少年ジャンプ+をオススメする人】
・ジャンプの大ファン
・ジャンプの単行本でずっと追いかけている作品がある人
・「SPY×FAMILY」を無料で読んでみたい人
・久しぶりに『週刊少年ジャンプ』を読んでみたい人
・スキマ時間にちょこちょこ試し読みをしたい人