「デスラバ」第4巻ネタバレ・エロシーン紹介

最終更新日:2020-07-09

第3巻のあらすじ

 


女性看守の用意したお抜け屋敷(おばけやしき)のアトラクションを何とか切り抜けた童貞達だったが、助川とさわの様子がおかしい。二人はお互いを想い合うようになっていた。

そして助川を助けたいという気持ちからセックスを拒んでしまったさわはチームから更迭という通告を受けてしまう。さわは助川に別れを告げるため、誰も見られていない個室にて助川に別れを告げる。しかし助川は二度とさわに会えなくなるくらいなら死を選ぶという決断をし、さわと愛し合う。

しかしその個室は監視されていた。恩赦により死を免れたものの助川は仲間達を出し抜く結果となってしまい監獄から放たれることに。しかし施設から放たれ、外の景色を見た助川の顔は驚愕の色に染まっていた。


ebookjapanなら全ジャンル漫画が揃う!?
\初回50%OFFクーポン配布中/

【第36話】ネタバレ・エロシーン

いつも通り牢屋で過ごす童貞達。みんな口には出さないが助川のことを考えていた。彼は一体どうなってしまったのだろうか?

そして助川が藤代に耳打ちした「外に出たら警察や自衛隊に救助を要請する」という言葉に希望を託す藤代。それに対し謎の男は「話にならんな」と一蹴する。拉致監禁から殺人まで組織立って行う連中が、逃がした人物が警察に頼る可能性を想定しないとは思えない。連中が無策のまま助川を解放したと考えるのは楽観的すぎるという主張を展開する。

それに根本的な問題が解決していない。それは「連中はなぜ童貞を奪おうとするのか」ということである。

童貞達が話し合う中、女性看守達が現れ、突如として童貞達に宣言する。これが最後のイベントになる。その内容とは野球拳。ただの野球拳ではない。

「究極野球拳(アルティメットやきゅうけん)」である。

【第37話】ネタバレ・エロシーン

野球拳で勝負することになった一同。その野球拳勝負の発案者は謎の男であった。そして謎の男は不敵な笑みを浮かべる。

そして多目的ホールに集まる一同。アルティメット野球拳のルールは…

 ①じゃんけんをして勝った方が用意されたカードをめくる。
 ②そのカードには相手側の「誰が」「何を」脱ぐのかが記載されている。
 ③これを繰り返し、全員が全裸になった状況で敗北。
 ④敗北したチームは勝利したチームのいうことを何でも一つ聞かなくてはならない。

お互いの目的は明確である女性陣はセックスを賭けて、男性陣は解放を賭けて戦う。

そしてついにアルティメット野球拳が始まる。初戦は風祭と愛奈。

【第38話】ネタバレ・エロシーン

風祭と愛奈の初戦。風祭が勝利する。

めくったカードは

「さやかのブラジャー」

さやかはブラジャーを服の上から脱ぐ。

藤代の興奮が掻き立てられる。

そして勝負は続き、次々と服を脱ぎ捨てていく一同。

【第39話】ネタバレ・エロシーン

男性陣の興奮は徐々に高まっていた。今更脱衣ごときでここまで興奮するとは思っていなかった男性陣だが、盛り上がりが止まらない。その理由は女性達の「恥じらい」からくるものであった。今まで脱ぎたくて脱いでいた女性達が今は敗北を意味する脱衣を行っている。すなわち嫌々脱ぐことによって恥じらいやためらいが生じているのだ。

勝負を進めていく中で、藤代は一つの疑問を抱いていた。なぜ謎の男がこの協議を選んだのか。そしてその理由が判明されようとしていた。

お立ち台に上がった謎の男は隠し持っていた拳銃を対戦相手の絵里奈に向けるのであった。

【第40話】ネタバレ・エロシーン

謎の男は、女性看守達の隙をついて拳銃を盗んでいた。他にも数本のロープと数丁の拳銃を仕込んでいた。

ロープで女性達を拘束し、数丁の拳銃を男性達に持たせ、一気に有利な状況に作り上げる。

一体この男は何者なのだろうか。全員の頭の中は謎の男の正体や目的についての疑問で埋め尽くされる。

【第41話】ネタバレ・エロシーン

「彼の名は…溝口彰(みぞぐちあきら)27歳」とさやかが口を開く。つい最近入手した情報らしい。その情報では、十年もの間引きこもっているニートであるはず。それがなぜ?

すると謎の男が口を開く。そのニートはオンライントレードで莫大な借金があった。自分のすべてを売らなければならないほどの…つまり謎の男はその溝口というニートの社会的存在自体を買い取ったわけだ。さらには顔も整形し完全にそのニートと入れ替わったその男の本当の名前は「上条慎太郎(かみじょうしんたろう)」

当時を知る者ならだれもがその名を聞いたことのあるその男は10件に上る強盗殺人容疑で指名手配中の前代未聞の凶悪犯だった。元々は海外で傭兵としての活動経験のある警察もまるで手が出せないと世間を震撼させた人物である。上条が童貞である理由は死体にしか興奮しないネクロフィリアだからだった。

その目は聖女機関で修羅場をくぐってきたドSの絵里奈でさえ畏怖を感じるほどだった。

【第42話】ネタバレ・エロシーン

上条の目的は全ての謎を解き明かすことだった。なぜ女達は童貞を狙うのか。なぜ童貞を失ったものを殺すのか。上条はおそらくいずれかの部屋に外部との通信できる端末があると考えた。それは上条でも入れなかった指紋認証が必要な厳重なセキュリティが施された部屋にあると予想する。

ここでさやかが口を開く。
セキュリティ解除に必要な指紋は自分の者であると。

上条がさやかを引き連れようとしたとき藤代が割って入る。こいつは俺に任せてくれ。上条がこの部屋を出た時、女性達の抵抗や反撃があった時に素人の自分たちでは対処できない。だから上条にこの部屋に残ってほしいと。

そして藤代とさやかはその端末を得るために部屋を出る。部屋を出るなり、藤代はさやかに謝罪する。

「さやかちゃん…ごめん。」

「…ずいぶん役者なのね」

さやかは藤代の意図を察していた。藤代はさやかの拘束を解く。

「逃げよう。ここから二人で‼」

U-NEXTでは31日間の無料トライアルが可能!!
「40,000本以上のアダルト動画が見放題で、初回31日間無料♪

【第43話】ネタバレ・エロシーン

二人で逃げようという藤代に対し、さやかは顔を背ける。

「もうこの世界には逃げる場所なんてない…」

「どうしようもないのッ私たちは結ばれちゃいけないのッ」

藤代は幼少期に約束したことを信じてきたのにと声を荒げる。
さやかも同じ気持ちだった。しかし…

さやかはそれができない…


しかし藤代はさやかにキスをする。

【第44話】ネタバレ・エロシーン

藤代はもう自分を抑えることが出来なかった。さやかもセックスをしてはいけないとわかっていながらも感じてしまっていた。感じてしまいながらも藤代に真実を伝えようとする。

しかし藤代は止まらない。

「今は人類なんかよりも…君とのセックスだ」

【第45話】ネタバレ・エロシーン

一方、藤代達を待つ多目的ホールでは、藤代達は逃げたのではないかと上条は考える。その言葉に対し、絵里奈は

「まだそんな呑気なことを言ってんのか…お前らに逃げ場なんかねーんだよ!クソ童貞ども!」

と言い放つ。

その言葉に気分を害した上条は、絵里奈を殴る蹴るの暴行を加える。脳震盪で気絶してしまう絵里奈。

上条をやりすぎだと嗜める伊良部に対し、傭兵時代に培った体術で伊良部を圧倒する。

そして上条は愛奈を連れ藤代達の様子を見に行くことに。

一方藤代達は挿入する寸前でさやかが藤代を押しのける。それに納得できない藤代だったが、真実を知るさやかはどうしても出来なかった。藤代を失うことになってしまうから…

【第46話】ネタバレ・エロシーン

藤代が真実について問いただす中、伊良部が現れる。そして上条が藤代達が裏切って逃げたと考え、愛奈を連れて動き出していることを伝える。

さやかは上条が愛奈を連れていることに焦りを覚える。それは指紋認証は愛奈の指紋で解除されてしまうからだ。そしてさやかの焦りは現実のものとなっていた。

上条は愛奈の指紋にて施錠を解除し、部屋に侵入する。愛奈から得た管理者権限の情報をもってデータを閲覧する。そして上条はついに真実を知ることとなる。

【第47話】ネタバレ・エロシーン

真実を知り大きく取り乱す上条の隙を狙って皆が集まる多目的ホールに戻ってきた愛奈。

真実を知った上条は今の世界に救いがないことに絶望し乱心する。そして自分の欲求に任せた行動を取ることを決める。

銃を乱発する音が多目的ホールに近づいてきていることに気づいた一同はその場を逃げることに。しかし絵里奈は上条に暴行を受け、意識を失っている。伊良部は皆を逃がし、自分は絵里奈を運び小部屋に身を隠す。

そして絵里奈は意識を取り戻す。その絵里奈に対し気絶した間の出来事を伊良部は説明。伊良部はこの状況を打破できない自分の弱さに苛立ちを感じる。

絵里奈「あんた…本当に他の連中を助けたいと思ってんのか?」

伊良部「当たり前だろッ!」

絵里奈「命を懸けてもか?」

伊良部「ー勿論だ!過ごした時間の長さは関係ねぇ…一緒にバカやって苦労した…仲間だからよ‼」

絵里奈「だったら…あたしとここで今すぐセックスしな」

その前に絵里奈は真実を伊良部に伝える。一方藤代と逃げたさやかも真実を藤代に伝えようとしていた。

「リアジュウについて」

【第48話】ネタバレ・エロシーン

事の発端は数年前。ある研究機関で未知のウイルスが開発された。そのウイルスが発症すると男を化け物に変えてしまう。女性は感染しても何も起こらず男性だけに影響する。ところがすべての男性が発症するわけではなく、発症しない男性には共通したある特徴があった。それは”童貞である”ということ。そして経験済みの男性だけが変貌する化け物を通商して”リア獣”という。体長は人間台から数十メートルに及ぶものまで個体差があるが、共通して性格は凶暴で知性はほぼなく人語を解さない。鋭い牙と強靭な爪、人間を遥かに凌駕する膂力をもつ。

その危険な生物は研究機関から外に漏れることはないはずだったが、約一ヶ月前に突然ウイルスが世界中に拡散する。その状況から人類をすくべく組織されたのがWRO(世界救済機構)通称”聖女機関”であった。聖女機関の目的は人類の種の保存。ウイル未発症の童貞を集めて世界各国で保護し、そこで聖女機関の女子と性行為をさせて子孫を残す。生まれる子供にはリア獣化ウイルスに抵抗力をもつ事が報告されている。

その事実をさやかは藤代に、絵里奈は伊良部に伝える。

絵里奈は改めて伊良部に問う。

「仲間を救うために命を捨てる覚悟はある?」

伊良部は絵里奈を抱き寄せる。

「言ったろ…仲間を守る覚悟はとっくにできてる」

「俺はお前を抱くぜ」

【第49話】ネタバレ・エロシーン

真実を知り、放心状態の藤代。そこに上条が現れる。同様に真実を知った上条は、ただ自分の欲求を満たすため、藤代やさやかを殺そうとしていた。藤代とさやかに銃を突き付け殺そうとしたその時、背後から大きな影が上条を覆う。その大きな影はリア獣であった。

そのリア獣は藤代やさやかを守るかのように上条を殴りつけ、上条の頭を握りつぶそうとする。その時背後から絵里奈が放った対リア獣用の麻酔銃でリア獣は気を失い倒れる。

藤代は考える。絵里奈は伊良部と一緒に身を隠していたはず。そしてそのリア獣は藤代達を守ろうとしていた。ということはそのリア獣は伊良部なのではないかと

男たちは牢屋に戻り、女達は気を失っているリア獣の処分について話し合っていた。そんな中、
絵里奈が口を開く。

「逃がそう」

「既に眼鏡を逃がしてんだぜ。今更二匹も三匹もかわるかよ。」

「それに…生きてさえいればよ…元に戻す方法の一つぐらい見つかるかもしれねーだろ…」

【第50話】ネタバレ・エロシーン

牢屋で滞在する男達のもとにさやかたちの看守の上司にあたる人間が現れる。そして男達を他の施設への移送すると通告する。
次の瞬間、多数の女性達が男達を取り押さえ注射を打つ。そして藤代達は意識が遠のいていく。

目が覚めた藤代はベッドに拘束されていた。そこには二人の看護師がおり、またもや注射を打たれ意識が遠のく。頭が真っ白になる中二人の看護師にエロい事をされ気持ちよくなっていく藤代。しかしこれはただの妄想。

目が覚めた場所はまさかの南の島であった。

南の島へと移送されてしまった藤代。
そこではどのような試練が待ち受けているのか⁉
仲間たちの行方は⁉

第5巻~アイランド編~に続く

「40,000本以上のアダルト動画が見放題で、初回31日間無料♪」
U-NEXTでアダルト動画も漫画もお得に見ることができるのでおすすめです!

U-NEXTのアダルト画像
  • 31日間の無料トライアルが可能!!
  • 40,000本以上のアダルト動画もドラマも映画も見放題!
  • 動画、漫画が1つのサービスで!!!
  • 期間内に解約すれば、もちろん料金は発生しない!
  • ※今なら31間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※
    本ページの情報は2020年7月時点のものです。
    最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。