【漫画版】【第3話ネタバレ】「不遇職『鍛冶師』だけど最強です 」~貴族~

最終更新日:2020-09-02

前回のあらすじ

リンが家を出てから2か月。レリウスは普通の生活を過ごしながらも、自らの神器のスキルの把握と訓練に努めていた。そして様々なスキルを発見。ついにボロボロではあるが剣の作製に成功。一方、公爵家グリードラッドの屋敷では不眠症のフィーラという少女のために、腕の立つ職人を探していた。

【漫画版】【第2話ネタバレ】「不遇職『鍛冶師』だけど最強です 」~レベル上げ~

【第3話・ネタバレ】『貴族』

フィーラの兄・クライアは社交会に参加していた。クライアにとって社交会は退屈なものだった。この社交会には勇者となったリンも参加している。貴族の集まる慣れない雰囲気に緊張が隠せないリン。

クライアもまたこの雰囲気が苦手で、部屋を出る。そこで護衛から寝具の件で報告を受ける。その報告によると、最近評判の宿やがあり、そこの家具の出来は素晴らしく、一晩休めばどんな疲れも吹き飛ぶというものだった。

その宿の名は「渡り鳥の宿」レリウスの働く宿だ。

その渡り鳥の宿では、最近まで閑古鳥が鳴いていた状況も、レリウスの作る家具のおかげで大繁盛していた。そこで一晩休んだ客たちは一様に満足した面持ちだ。

そんな中、バイトのメアが引きつった顔でレリウスに話しかける。宿の主人(レリウスの義父)が物凄い難しい顔をして、二人を呼び出しているという。自分が何かミスをしたのではないかと怯えるメア。

呼び出された支配人室に行ってみると、すごい威圧感を放つ主人が待ち構える。

その物々しい雰囲気の原因は「宿に貴族が泊まりにくる」というものだった。泊まりに来るのはグリードラッド家のクライア

グリードラッド家は公爵家であり、貴族の中でもトップクラスの大貴族である。主人が二人を呼び出した理由は、当日の対応をレリウスとメアに頼みたいというものだった。

その依頼を受ける二人だが、メアの様子がおかしい。メアはミスが多く、貴族の対応で宿に迷惑をかけてしまうのではないかと不安に思っているからだ。しかしメアがこの宿に来てから彼女を見てきたレリウスは、入ってきたばかりの時と比較するとミスも減り、今はしっかり業務をこなしていて、明らかに成長しているとメアを勇気づける。

レリウスの励ましですっかり笑顔を取り戻したメア。

レリウスも貴族を迎えるために自分ができることをと、Sランクの家具を作るべく特訓を始める。

第3話のまとめ・感想

不眠症で悩む妹のために安眠を得られるベッドを作れる腕利きの職人を探すクライア。そして護衛の報告により、レリウスの働く宿の名にたどり着く。一方、貴族が泊まりに来ることに慌てる宿の主人とメア。レリウスは貴族が満足できる家具を作るためSランクの家具を目指し特訓を始める。