ヒロインは絶望しました。 3巻のネタバレ~強敵の前にズタボロの3人~

ヒロインは絶望しました。
1巻 ネタバレ
2巻 ネタバレ
3巻 ネタバレ

2巻では更にエスカレートした秋葉。泣きながらも答えるも、次のバトルでは全く歯が立たない秋葉と渋谷。
そしてそのままボコボコにされるも…秋葉の大逆転で復讐を。

現実世界に戻ってくると複数人で協力なボスを討伐するレイドバトルがあることを知る。そして現実世界で先ほど戦ったヤバイ相手である「キサキ」と会うことに。
そして渋谷に対して、秋葉を「ギタギタにこらしめる方法があるんだけど…興味ない?」と持ちかけられる。

ヒロインは絶望しました。 3巻のネタバレ

3巻:17話ネタバレ

キサキは秋葉をギタギタにこらしめる方法がトレーニングモードでプレイヤーへの直接攻撃ができることを渋谷に伝えるものの、渋谷は少し笑みを浮かべ「やっぱり…やめとくよ」と断る。
キサキは少しは仕返しくらい誰も責めやしないわよと言い、渋谷の胸を揉む。

そして「やっぱりノーブラ!?」と話し、秋葉がさせてることに気づくという察しの良さだった。

それでも秋葉を巻き込んだのは自分のせいだと我慢する渋谷。更に「私だけはなにされても….秋葉くんを恨んじゃいけないの」と呟く。


次の日、学校で秋葉にレイドバトルに参加したいことを伝えると、
「いつも通り勝ったらお願い聞いてもらえるんでしょ?」とレイドバトルに参加することを承諾する秋葉。そして「今回のご褒美はずっと聞いてほしかった「とっておき」だから…ワクワクだね」と話す。

3巻:18話ネタバレ

そしてレイドバトルのことで秋葉を呼び出したが、そこにはユウのペア、キサキのペアが既にいて無理やりでも帰ろうとする秋葉。何とか秋葉を引き留め、レイドバトルの情報を交換しすることに。

レイドバトルとは3ペアで協力して強いボスを戦うイベント戦であり、
勝てば強力な武器である「サブウェポン」、
もしくは「ライフ回復」が報酬でもらえるイベントだった。

一度レイドバトルを戦ったことがあるキサキは、
「このメンバーならSランクボスの勝利はできるね」と話すのだった。

みんなで協力し、ゲームクリアを目指すように決意してレイドバトルに挑むのだった。

3巻:19話ネタバレ

当日、3人はレイドバトル会場に転移した。
目の前に「警報 警報」と強そうなボスの姿が…現れる。

キサキが「みんな早く変身して!!」と叫び、何とか一旦逃げることに成功した3ペアだった。

そしてキサキが、
「多分あれはSSランク 私らでも唯一勝てない一番強いボスを引き当てたみたい」と話す。


すると秋葉は「お通夜モードになるのは勝手だけど…渋谷さんを雑魚共と無駄に心中させる気なんて毛頭ないから」と戦う目をしている秋葉だった。

3巻:20話ネタバレ

逃げる時にドレスを借りたユウペアに土下座を強要する展開になり悪い雰囲気になったチームだったが、そんな秋葉を渋谷は「二度と誰かに土下座の強要しないで 本当に見てて嫌なの…!」と話す。
しかしその後ろには「助けてくれて…ありがとうございました…」と土下座をするユウペアだった。

そして優越感に浸った秋葉は探索をしに一人でどこかに。
秋葉は一人でアイテムボックスを開け、「ビンゴ」といい「あとはこいつを使って 雑魚共もウザギもみんな片付けするだけだ」と微笑む。

3巻:21話ネタバレ

見張りをしているキサキも地上に降りてきて、このまま皆んなでひき肉になるくらいなら、タイムアップ狙いもアリかなと話す。
しかしアイテムボックス見つけから帰ってきた秋葉は「ふざけんなビッチ ボスが強ければそのぶん強力な武器が手に入る。 僕に考えがある」と作戦を話す。

こうして渋谷、ユウ、キサキはアイテム探しをする。
がしかし、空から操作側の秋葉たちのもとにSSランクのボスが…

そして何とか最初の攻撃をバリアで秋葉が防ぐも、敗れたバリアからボスのよだれが…
そのよだれで秋葉は溶けていき…「酸の唾液」だった。

秋葉は顔が半分溶けながらも何とか逃げようとするも…

3巻:22話ネタバレ

ボスに足だけを踏まれる秋葉だった。
何とか渋谷を戻すも、秋葉を見て涙する渋谷。秋葉は「…渋谷さんは僕が死にかけても涙を流してくれるんだね なんか嬉しいよ」と微笑む。

キサキも再び、ボスに攻撃して少しグラつかせて時間を稼ぐ。
そしてみんなでまたワープをする予定だったが、秋葉はみんなを置いて自分と渋谷だけをワープさせたのだった。

ワープを完了した秋葉と渋谷だったが、回復アイテムがここにあること覚えておいたほうがいいよと渋谷に伝える。
しかしそんなとき「ドギャッ」と音がなり、キサキやユウたちを無視して…秋葉と渋谷の元にボスのウサギが飛んできたのだった。

秋葉はボスのウサギに知性があることを知るが…対照砲は無くウサギのデコピンで足を切断される秋葉。

そんなボスのウサギを見て、渋谷は怖がり動けずそのまま漏らしてしまうのだった。

3巻:23話ネタバレ

次は渋谷を掴み、思いっきり叩きつける。
秋葉は「お前を倒すアイテムは既に手に入れたんだ これさえあればお前なんて…」というもののアイテムである球体がウサギにより潰される。 それを見て秋葉は「終わった….」と悟る。
そんなところにキサキが渋谷と秋葉を助けに来るも…その前でボスのウサギは秋葉を殺し「ケタケタ」と笑うのであった。

そしてそのまま秋葉は死んでしまい元の世界に転移され…渋谷の変身が解かれ絶望に落ちるのだった。

3巻:24話ネタバレ

いつも何か最後にとっておきを用意していた秋葉が死んだことで絶望に感じた渋谷は何も動けなかった…止めを刺されそうになるも間一髪のところでキサキに助けられる。
そしてキサキは「秋葉くんが死ぬ直前になにか変わったことなかった?」と聞かれ、「何かアイテムが発動したような感じ…」と渋谷は話す。

するとボスのウサギの頭の上には時間が表示され、キサキはこのアイテムを「敵を弱体化させる効果であり、最大で2段階ランクダウンのAまで下がる」と話す。

そのままランクダウンのため時間を稼ごうとするが、火力が高いキサキが次は狙われることに。
そしてそのまま捕まえられ、潰されそうに。

3巻:25話ネタバレ

そのまま潰されそうになり動けないキサキに止めを刺されそうになるが…ぎりぎりのところでキサキの傷が治っていく。
ぎりぎりのところで全体回復の必殺技でユウが治してくれた。

そんなユウの行動を見て「ぐぉぉぉぉぉぉ」とキレて、一撃で仕留められた。

ユウの頑張りもあり、10分が経ちランクは「S」に下がった。
時間も無いことから…キサキが必殺技を繰り出すも、左半身が無くなっただけでまだ生きていた。

そしてウサギはキサキを捕まえ、体液でキサキを溶かし始める…

3巻:26話ネタバレ

次は渋谷の前にウサギが現れるも、
秋葉の言葉を思い出しアイテムボックスをキサキに渡すことに成功する。

そしてアイテムの効果でもう一度キサキは全回復し、慌てふためくウサギに必殺技を繰り出す。

こうして無事にレイドバトルクリアすることに。

そして現実世界に戻り、「秋葉くんのおかげで勝てたよ」と報告することに。
しかし勝ったあとの秋葉へのご褒美を思い出した渋谷は「ビクッ」と固まり、「なにか嫌なことでも思い出した?」と微笑む秋葉。

3巻:27話ネタバレ

場面は変わり、ユウとキサキと待ち合わせ場所に集合することに。
レイドバトルの結果でユウ、キサキ共に、ライフ回復も確認でき、更に全員が「Sランク」になった。こうしてもう一つランクが上がればゲームクリアという条件になった。

そして渋谷は秋葉の今回のご褒美は「一日デート」ということを言われ、ホッとする。そんなホッとした渋谷をみて逆に「えっ!?」と驚く秋葉だった。
それを聞いて「大丈夫?」と心配するキサキとユウ。

そんな夜、秋葉は「今週のデートが楽しみだ…!映画の他にどんなことして遊ぼっかな」と携帯でプランを練っていた。

ヒロインは絶望しました。
1巻 ネタバレ
2巻 ネタバレ
3巻 ネタバレ

3巻の感想

まさかのチーム戦でのレイドバトルが開始しましたね。
しかし唯一勝てないという「SSランク」というチート級のボスが。ドキドキしましたね…

秋葉がズタボロにやられるも…今回も秋葉の大活躍により攻略して倒すことに成功する。
熱い戦いだったけど、頭脳の秋葉と能力のキサキで最強のメンバー結成な気がしますね。