「カッコウの許嫁」登場人物紹介

最終更新日:2020-03-16

2020年9月号の週刊少年マガジン連載がスタートした「吉河美希」の”カッコウの許嫁”。「吉河美希」先生は「ヤンキー君とめがねちゃん」、「山田君と7人の魔女」でも有名な漫画家である。2019年43号に読み切りとして掲載されたが、読者アンケートの結果人気が高かった目連載決定に至った。
そして2020年5月15日に単行本1巻も発売が決定!

そんな吉河美希先生の「カッコウの許嫁」の登場人物をまとめてみましたので紹介します。

カッコウの許嫁 登場人物紹介

海野 凪

超進学校に通う高校2年生。赤ちゃんの頃に「天野 エリカ」と取り違えられ、産みの親、育ての親が存在する。そして親の計らいで「天野 エリカ」が”許嫁”に、そして2週間の同居生活をする。
しかしそんあ「海野 凪」にも学年万年1位の完璧女子の「瀬川 ひろ」が好きであった。実力テストでは見事1位を獲得し、好きな相手「瀬川 ひろ」へ告白するが撃沈してしまう。

天野 エリカ

ホテル王の娘でありお嬢様高校に通う高校2年生。と同時にSNSでも注目されており有名人である。子供ころ「海野 凪」と取り違えられ、親から「海野 凪」を”許嫁”にされる。わがままだけど、可愛らしさがある。

瀬川 ひろ

成績優秀であり超進学高校の学年万年1位の才女。勉強だけでは無く、運動から人付き合いから全てにおいて人気である。「海野 凪」に1位を奪われ負けず嫌いが大爆発。また「海野 凪」からの告白を受理せず…そして「瀬川 ひろ」にも”許嫁”がいるという衝撃の事実が発覚。

海野 幸

「海野 凪」の妹であり、「天野 エリカ」の実の妹である。兄の「海野 凪」が血の繋がっていない兄では無いと知ってから、興味を持つようになった。「天野 エリカ」の話題になると、不機嫌になり同居していることをあまりよく思っていないように見える。

海野両親

ヤンキー一家であり、住んでいる家の1階で「海野亭」で定食屋を営んでいる「天野 エリカ」の産みの両親。家訓として、
家訓その1.売られたケンカは全て勝て
家訓その2.借りた恩は倍返しせよ
家訓その3.感謝の気持ちを忘るるべからず
がある。しかし家族柄はとても仲が良く幸せそうな家族である。

天野両親

ホテル王であり、超がつくほどの大金持ちであり「海野 凪」の産みの両親。家は大豪邸で大きなキッチンに、トイレが4つ、浴室が3つ、そして庭にはプールやゴルフ場があり。そのほかにも別荘が国内に3つ、海外に3つあるほどの家系だった。
父親が言うことは止められず、「海野 凪」、「天野 エリカ」の同居生活を勝手に進める。