去勢転生 1巻のネタバレ-世の中から男性がケダモノ化した希望の無い世界

最終更新日:2020-02-21

去勢転生 1巻のネタバレ

男は全員クズ野郎、男は全員殺すべき!がキャッチフレーズ。
宮月新の日本の青年漫画がであり、2020年1月17日から単行本販売。

最愛の恋人をレ○プ魔によって犯し殺された。
そんな男の名は姉崎悟でIQ200と天才であり、
復讐の鬼と化し幾人ものレ○プ犯の「性器」を切断し15人を殺して殺人罪により死刑となった。

しかし、絞首刑で死んだはずの悟は、ある「平行世界」に飛ばされ新たな世界で戦っていくことになる。
そこは男がケダモノ化した世界だった。

去勢転生:1巻1話

主人公の姉崎悟は15件の殺人の罪によって死刑になった。
尚、この世界では少年法改正により犯行を行った当時16歳でも死刑が適用される、また刑確定後は3ヶ月以内に執行されることになっている。
IQ200をも超える姉崎悟は、幼なじみであり大好きだった由奈という少年がレ○プにより殺されてしまった。
その事件をきっかけに、復讐の鬼と化し幾人ものレ○プ犯15人の「性器」を切断し殺す復讐を行なったのだ。

死刑台にて執行される直前に警官に言い残したことを聞かれた姉崎悟は、
「由奈とふたり…穢れのない世界へ…」
と言い残し、ようやく由奈の元へと旅立った。

はずだったが、
目が覚めると多くの男の死体の上で寝ていた。

動揺する悟だったが、
そこに少女達が新たな男の死体を投げ込んできた。
と同時に、投げ込んできた少女の1人が悟の姿を見つけ叫び逃げ出した。

後を追いかけるように倉庫から外に出た悟だったが、
明らかに太陽の様子がおかしかった。

少女を追いかけ、
制服を見るとかつて悟が通っていた高校だったが校舎は廃墟化している。
しかしそんな悟の後ろには、
警官の格好をした明らかに狂っている男のケダモノの姿が立っていた。
そうするとそのケダモノ警官は、少女の服を破り犯そうと。

レ○プということに酷い執着を持っている悟は、
警官を躊躇なく後ろからスコップで刺し殺します。
そして止めはケダモノ化した警官の性器を切断し止めを刺す。

少女にどうなっているかを聞くと、悟は1日前に少女達の手によって殺し倉庫に捨てられたことを聞く。

そしてこの世界が、
なぜ女性だけは生き残り男性は全てケダモノかしてしまったかを聞く。
原因は”太陽フレア”にある。

太陽フレアとは約50年周期で起きる太陽の表面爆発だが、
この世界で起きたフレアは「メガフレア」と呼ばれ予想を遥かに上回る爆発だった。
そして太陽フレアによって起きた、フレアのプラズマにて大規模なエネルギーが生まれ世界が終わったという。
と同時に、男性の脳を破壊し知性を失い凶悪化した。

フレアから3ヶ月が経った今では、
食料も減り通信手段も失い絶望と化していた。
そして悟も現世での出来事を説明することで少しは納得をしてもらった。
また悟自体が平行世界型の転生してきたことが分かった。
ただ遥香という少女は信じておらず、悟を弓矢で刺す。

しかし教室で由奈が書いた悟の絵を見つける。
現世ではその絵は由奈が殺された時にメチャクチャに引き裂かれていたが、この世界では無事でいる可能性が高い由奈を探し始めることになった。
しかしこの学校にはおらず外に向かおうとする

去勢転生:1巻2話

悟が教室から出て廊下を見ると、悟の存在をまだ信じられず出ていった遥香が衝撃的な描写で見つかる。
由奈の父がケダモノ化し、遥香をレ○プし殺しているところだった。
由奈の父は完全にケダモノ化してしまっており悟を押そうとしたため躊躇なく殺す。

しかし弓矢で刺された傷もあり保健室の先生に怪我の手当てをしてもらうことに。
そこで保健室の先生であり、未来のためにケダモノの研究も行っている八坂先生とから話を聞く。

ケダモノ達は女を犯せば100%殺し、子孫を作ることはできない。そして殺したケダモノ達から精子を取り出し、調べてみると樹勢に必要な「Y染色体」が1つも無いことに気づく。
つまり未来のために子孫を残していくため、八坂先輩は悟を襲うことに。

しかし性犯罪者を探して性器を切り落とし殺したこともあり、
「S○Xをこの世の何より憎んでる!!!」
と言い断る。

すると体育館の方から悲鳴が聞こえる。
すると生き残った少女達を複数の男のケダモノが襲っていると悪魔のような光景が待っていた。

生き残った少女達を悟は学校を手放し、由奈を探しに行くことになった。

去勢転生:1巻3話

そして学校を抜け出し、外の世界に向かった悟と複数の女の子。
街には、至る所にケダモノ化した男性の姿が。

近くの小学校を通った時、亜里洲といい少女が、
「あたしの弟がこの小学校の中にいるかもしれない」
と言い探すことになった。

小学校の倉庫に弟を見つけ、いきなり襲ってくる弟の翔太を悟は鉄パイプで殴る。
しかしケダモノ化したとはいえ、子供を殺すことができない悟は襲われる。
そんな時に、学校の近くの工場で働いていたオバサンが食べ物を倉庫に投げ込み助けてくれる。

そのオバサン達と複数人の女性はこの小学校をアジトにしていた。
そしてそのオバサンの娘には、お腹に男の子が授かっていることを明かす。
男の子を授かったオバサンの娘の小百合のお腹は大きく近々生まれそうだった。

去勢転生:1巻4話

弟の姿を見つけたがケダモノ化してしまっていた姉の亜里洲は、どうしても諦めきれず倉庫に戻る。
心配になり見に行くと、
「ガキはもしかすると、まともに戻るかもしれない」というオバサンの言葉を信じ、
亜里洲がケダモノ化した弟を縄で縛り一緒に連れていくという。

一方、別の部屋が慌ただしく行ってみると、ついに生まれそうになっていた。
頭が出てきて生まれた赤ちゃんからは、信じられないくらい奇妙な声をあげるケダモノだった。

小学校にいた女性達は小さな希望さえも失い絶望を感じた。
更には赤ちゃんを産んだ小百合は自殺した。

そしてオバサンに対して悟が、赤ちゃんはどうかと聞くと、
いきなり包丁で悟を襲おうとする。
その後ろから、悟を殺そうとするオバサンを包丁で八坂先生が刺して殺した。

絶望を失った小学校にいた女性達は、
通常の男である悟を見るけ捕まえようとする…。

去勢転生:1巻の感想

IQ200という天才少年が、幼なじみである由奈を殺されたことで殺人鬼になった悟は平行世界に来てしまった。
しかしその平行世界とは、太陽フレアにより男達が化け物ケダモノ化してしまったことで醜い残酷な世界になってしまっている。そんな中、平行世界では幼なじみの由奈が生きている可能性があるとわかり希望を持つ悟だった。
今のところ、この平行世界で未来に繋ぐことができる男は悟だけにも関わらず、意外に敵が多い女性陣。
今後、化け物ケダモノとの勝負も見どころだが女性達と唯一の男の悟がどうなっていくか心配であります。続きが楽しみになっている終わり方で次回の2巻が楽しみです。
エロい部分あり、グロい部分ありと詰め込まれた漫画になっています。