「不倫島」無人島で10組の夫婦が不倫サバイバル!?グランドジャンプにて新連載

作品概要

2020年1月29日に発売のグランドジャンプめちゃ2号(集英社)より、「不倫島」が連載スタート。
原作:真中みのり、漫画:高山としのりが担当。

登場人物

兼次郎(ケンジロウ)

本作の主人公。華の夫。二人は新婚夫婦で南の島へ。そこで賞金10億円のサバイバル企画に参加することに。

華(ハナ)

本作のもう一人の主人公。ケンジロウと共に企画に参加。結婚式では、参列者の男性からから結婚を悲しまれるシーンもあり男性にモテていたと思われる。


あらすじ

兼次郎と華は結婚間もない新婚夫婦。二人は新婚旅行に南の島へ行くことを決めたが、ただの新婚旅行ではない。その南の島では、「夫婦限定、賞金10億円の無人島サバイバル・リアリティーショー」なる企画が開催されるというのだ。新婚旅行を兼ねてその企画に参加することにした二人だったが、内容は二人の思惑から外れていく事に。無人島で10組の夫婦が1か月間生活し、最後まで残った夫婦が賞金を勝ち取るという内容だったが、島にたどり着いてから運営から明かされたのは、不倫を推奨するようなルールが追加されており…
運営から仕掛けられた数多くの罠や試練を乗り越えられるのか!?ただのサバイバルでは終わりそうもない無人島で、二人の愛の結末はいかに!?


冒頭シーン紹介

感想

今後、どのような展開に発展していくのか気になる内容です。ドロドロとした人間関係や人間の醜さが、ストーリーが続くにつれ表現されていくのではと予想しております。めちゃコミックで独占先行配信しておりますので、チェックしてみてください。