優等生じゃいられない! 16話 最終話 ネタバレ

優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
16話(最終話)

前話のあらすじ

15話ではついに直接対決した南波をノックアウトした鹿音。南波は退学になり家を出る。程なくして南波は天魔を呼び出し償わせて欲しいと懇願する。その場に居合わせた鹿音にも謝りたいという南波に鹿音は父のジムに強引に連れていくと_。「お帰り!」と笑顔で迎えるリキコーチだった。

再終話 ネタバレ

いよいよ期末テストの時期がやってくる。が、鹿音は今回は特別な助っ人がいるのだと余裕がある様子。なんでもジムに来ている南波に勉強を教わっているらしいのだ。それを聞いた原田は天魔に「どうする?余裕こいてる場合じゃないよな。」と煽る。

天魔と鹿音のじれったい展開に業を煮やす希羅々は原田と共に勉強会という名目の元、合コンを企画する。参加メンバーは南波、鬼形を加えた六名。

「才気もリリアンちゃんに勉強教えてあげなよ。その後は適当にやりな。」と希羅々の雑な指示だしで始まったファミレスでの勉強会だった。とはいえこのメンツでの不思議な勉強会に飽きてきた鬼塚等のために飲み物を取りに行った鹿音はガラの悪い奴らがカツアゲしているテーブルを目にする。


反射的に止めに入ろうとする鹿音の腕をつかみ止める天魔。血の気の多いこのメンツ。すでに希羅々や鬼塚が不良たちを羽交い絞めにしていた。そこへ南波も参戦し結果、皆出禁に。

そんなゴタゴタで鹿音の勉強不足を心配する天魔はテスト期間が終わるまで授業後に勉強を教えてやってもいいぞと提案する。鹿音は「天魔くんの負担になってしまいます…」と天魔を気遣う。すると「気にするな。元々お前がいるから、この学校入っただけだし。」とさりげなく告白する天魔。


そして期末テストが終わり答案用紙が返却される。今回の赤点は 24点以下だと告げる担任。天魔はさすがの100点。原田も35点で天才だ!と大喜び。そして「馬白鹿音。」呼ばれた鹿音は_。答案用紙を受け取ると振り向きざま天魔に飛びつく!40点の答案用紙を笑顔で持って。

裏サンデー
優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
16話(最終話)

最終巻 感想

ついに最終巻。札付きの不良たちが集まる、おバカな高校に入学した真面目な優等生の少女と言えば成績優秀が鉄則⁉にもかかわらず超お馬鹿な女子高生。伝説の100人斬りアサシンがこんなにカワイイ女のコなんて。世界チャンピオンだった元プロボクサーの父と元女子プロレスラーの母との間に生まれたサラブレットと予想を裏切る展開からスタートしたこの作品。このギャップに引き込まれました。幼馴染みの天魔くんとの恋模様は成就してよかったよかった!!2人の明るい未来を願います!