「うしろの正面カムイさん」第12話ネタバレ・エロシーン紹介!今回のターゲットは「ヤマノケ」

最終更新日:2020-09-05

うしろの正面カムイさん ネタバレ
第1巻あらすじ
1話(メリーさん) 2話(テケテケ) 3話(こっくりさん)
4話(呪いの人形) 5話(隙間女) 6話(ろくろ首)
7話(耳塚シヅカの平穏な一日)  8話(峠の霊) 9話(ジェットババア) 
第10話(口裂け女) 第11話(トイレの花子さん)  第12話(ヤマノケ) 

第12話『ヤマノケ』ネタバレ・エロシーン

シヅカの同級生・イナガワは一人で山でキャンプを張る。

その目的はゴーストハント!

友人たちがカムイの話題で持ち切りになっている事に対抗心を燃やすイナガワは”オカルトマニア”として黙ってられないというところだ。

しかし山から戻ってきたイナガワの様子が明らかにおかしく、シヅカと同級生たちにより急患としてカムイのもとに運び込まれてきた。

その様子をみてカムイはヤマノケの仕業だとすぐに気づく。

ヤマノケとは深い山奥に潜むと言われている怪異。

異様な姿をしており、出会った女性に憑りつく性質がある。取りつかれたものは、人格がヤマノケに乗っ取られ不気味な言動を繰り返すようになる。

「ハイレタ」という言葉を繰り返すイナガワ。

ヤマノケは女性を狙って憑りつく悪霊のため、シヅカ以外の同級生たちは帰らせることに。

同級生たちが帰り、カムイはヤマノケの除霊に取り掛かる。しかし思った以上に深刻な状態のようだ。

カムイ曰く、憑りつかれてから49日以内にヤマノケを引きはがせなければ、疲れた人間は二度と正気には戻れないとの事。

そしてイナガワにはヤマノケすでに強く癒着してしまっており、無理やり引きはがすのも危険という状況。

「形代」という身代わりになるモノに乗り移るように仕向けて除霊する方法もあるが、適役であるお市の行方がわからない。

そこでシヅカは自分が形代になることを買って出る。
まずはイナガワの身体を居心地の悪い状況にし、ヤマノケを引っ張り出す事から始める。

カムイが臭い息を吹きかける!

効いているようだ!

透かさず回転イスを勢いよく回していく!

口からヤマノケの手が少しだけ出てくる。その後も様々な嫌がらせを行いどんどんと居心地が悪くなり、ヘロヘロの状態に。

しかしヤマノケも粘り、中々イナガワの身体から出ていかない!

そこでシヅカは自分の身体の中に入れさせようとヤマノケを誘う。

その瞬間、ヤマノケはシヅカの身体の中へ入ろうとする。






その後ろにはカムイが!

ヤマノケにカムイの下半身がハイラレタところで除霊終了。

その後、除霊が終わり事務所を出るイナガワ。

しかし実はヤマノケは成仏しておらず、イナガワの身体の中にまだ滞在していた!

しかしそんなことはお見通しのカムイなのであった。

第12話の感想

ヤマノケの異形な姿にも関わらず、性の対象としてしまうカムイに驚愕!
さて次回のターゲット(被害者)はどんな怪異なんでしょう!?

うしろの正面カムイさん ネタバレ
第1巻あらすじ
1話(メリーさん) 2話(テケテケ) 3話(こっくりさん)
4話(呪いの人形) 5話(隙間女) 6話(ろくろ首)
7話(耳塚シヅカの平穏な一日)  8話(峠の霊) 9話(ジェットババア) 
第10話(口裂け女) 第11話(トイレの花子さん)  第12話(ヤマノケ)