『裏バイト:逃亡禁止』第19話ネタバレ

最終更新日:2020-08-13

こんにちは、ニケです!
前回の「自然保護監視員」編が終わり、今回から「助勤巫女」編のスタートです!
今回の話は、かなり衝撃的な内容になっております…!ホラー好きの皆さんは楽しんで頂けるのでは無いでしょうか!?

ニケのプロフィールはこちら

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 

『裏バイト:逃亡禁止』第19話「助勤巫女編①」ネタバレ

国領と白浜が次に始めたアルバイトは、名も知れぬ小さな島の神社の「助勤巫女」。

(「助勤巫女」とは、お正月などお神社がにぎわう時期にだけ臨時で入る巫女バイトの事で、参拝客へのお札、お守り、おみくじ等の販売をする仕事。)

そして、今回の日給は何と百万円

日給にも驚くが、さらに驚くべきことがあった。それは、参拝客の金銭感覚である。参拝客は、50万円もする破魔矢(はまや)を躊躇なく買ったり、ドカドカと札束をお賽銭箱に投げ入れていた。

神主曰く、この神社に訪れた島民は、全員にご利益があるため、参拝客は惜しみなくお金を出すのだという。
またこの神社には、境内のど真ん中に井戸があり、そこには「福ノ神」が住んでいるいるという。

この助勤巫女のアルバイトには、国領と白浜の他に2人の女性が参加していた。その内の一人でる美帆は、おとなしくて気が利く女性であった。

なんでも父の借金を返済するためにこのアルバイトを申し込んだとのことだった。

そんな美帆が突然姿を消してしまう。
それは、日給百万円の理由に繋がる出来事の始まりだった。

感想

今回の話は、今まで以上に不気味で怖い雰囲気を醸し出しています。
衝撃的なシーンが多々あるので、怖いもの好きにはオススメです。次回の展開が気になります!

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話