『裏バイト:逃亡禁止』第21話ネタバレ

最終更新日:2020-08-13

こんにちは、ニケです!
前回、前々回と続いていた「助勤巫女」編も今回で完結です!
残酷な展開に思わずページをめくる手が止まりません!
ホラー苦手な方は要注意です!

ニケのプロフィールはこちら

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 

前回までのあらすじ

小さな島の神社で助勤巫女のアルバイトをすることになった国領と白浜。
一緒にアルバイトをしていた美帆が突然行方不明になる。
美帆は、島民たちの手により殺され、神社の井戸に住むとされる「福ノ神」の生贄として、井戸に投げ入れられてしまっていた。
そうとも知らず必死で美帆を探す国領達。ついに井戸に目をつける。
しかし神主は、「あなたたちは生贄にならずにすんだのだから、大人しく帰れ。井戸には触れるな」と告げるのであった。

『裏バイト:逃亡禁止』第21話「助勤巫女編③」ネタバレ

国領と白浜は、このまま素直に帰るべきかと話し合っていた。
そんな中、美帆の友達である真琴は島民の男に呼び出され、美帆が生贄になったという事実を知らされる。

真琴は取り乱し、島民の男に激怒するが、男はそれに興奮し、真琴を襲おうとする。
そこに国領と白浜が助けに入るのであった。

なんとか男を倒し何とか無事を得た真琴だが、『私は美帆とずっと一緒にいたいから、2人だけで逃げて』と言い残し、2人の前からいなくなってしまう。

2人の前から姿を消した真琴は、井戸の中に眠る美帆に会いに行こうと井戸に近づく。するとそこに「福ノ神」の姿がー。

「福ノ神」は本来神様ではなく、得体のしれない存在だった。清楚な女性を生贄に捧げると幸福をもたらすことから、島民たちによって都合よく「管理」されていた。

真琴は、「福ノ神」に『私をあげる。だから私の願いを叶えて』と告げる。

その願いは、復讐に満ちた残酷なものだったー。

感想

美帆と真琴の友情が熱くて、これは国領と白浜のコンビよりも絆が強いのでは!?と感じました。
美帆の死体がかなり怖いです…。
話が進むにつれてどんどん怖さが増していく「裏バイト:逃亡禁止」。
国領と白浜は、次回はどんな危ないバイトを手を付けるのでしょうか!?

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話