教え子がAV女優、監督はボク。:11話ネタバレ

教え子がAV女優、監督はボク。
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話

10話ではAV監督をすれば、夢であるwebCMの監督という交換条件をつけられた西寺。
久原に相談するも、前向きに考えれるようになった西寺。そして西寺が監督を務める企画を考えていた。

11話「君の光と僕の影」ネタバレ

西寺は「ハメ撮りありますよ?」と勧められ興味を持つも、ハメ撮りは男優さんがハメながらカメラを回すから怖いことを伝えられる。
更に「実際、西寺さんが出たら久原さん泣くだろうな」とおちょくられるが、西寺は「久原さんのことはなんとも思ってません。」とばっさり言ったタイミングで久原がお電話があったことを伝えに部屋に入ってきてしまう。
バッチリなタイミングで西寺の最低な空気を読まない発言で凍ってしまう。


西寺の親友が電話のために久原のもとに駆けつけ心配するも、久原は「全然気にしてないですよ!先生のそういう真面目なところも好きなので!」と気にしていない様子だった。
そんな久原を見て大垣は「少しイジワルをしちゃお」と考え、先ほど話していた内容を「先生がハメ撮りするよって話」をしていたことを伝える。

しかし久原は色々と想像するも「私は先生の近くにいられるだけで十分なので大丈夫です。」と答える。

久原は買い出しに来ているところに、西寺が来て「先ほどは申し訳ない。」と謝るのであった。
さらに以前に久原が「興味の対象がHだった場合どうすれば」と聞いたことに答えられなかったと話し出す。そして「その答えを現場で見つけてきます。」と話す西寺だった。


そんな変わらない西寺を見て、久原は「あはははは」と笑い出し「先生ってどこにいても変わりませんね! 先生がどんなでもずっと好きでいると思います。」と伝えた。
久原は笑顔で「エッチ頑張ってください!」と赤マムシドリンクを渡すも、ふとした目には涙が溜まっていた。

場面は撮影のロケの当日になり、
AV女優の「葵 しずく」が入ってきた。

西寺は監督として挨拶し水を手渡すことに。
しかしAV女優の葵は「私ぃ〜水はレモンフレーバーじゃないとぉ〜 エンジンかかんないんですよぉ〜」と西寺の頭から水をかける。

教え子がAV女優、監督はボク。 12話の情報

裏サンデー 2020年8月8日連載

教え子がAV女優、監督はボク。
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話

感想

どんな時も変わらない西寺であり、それを心から信じて愛している教え子の久原。
すごい関係ではあるものの…いい感じの2人に。

しかしさらなる問題が出てきそうなAV女優が登場しましたね。西寺はキャラ濃い目の「葵 しずく」とどう関わるのか。