優等生じゃいられない!:12話ネタバレ

優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
16話(最終話)

12話 [前話のあらすじ]

11話では鬼形が南波の事を嗅ぎまわるのをやめろと天魔に対決をを挑んでくる。鹿音との約束を守り逃げの一手でかわす天魔。かわりに希羅々が鬼形と対決、完全ノックアウトで勝者は希羅々に。ついに南波が鹿音に戦いを挑んでくる_

12話:ネタバレ

鹿音は南波に今まで会った誰よりも強さを感じ、そのファイティングポーズが何故か父親の姿が重なるのだった。

優等生じゃいられない!:12話より引用

ボクシングは喧嘩の道具ではないとまるで反撃してこない鹿音に戦意をなくした南波は
「まぁいいよ。」とその場を後にする。南波からのジャブで頬にできた傷を隠すためマスクをして教室に来た鹿音の姿に天魔は「どうした?」と心配し徐にマスクを下げる。

傷を見た天魔は自分に隠し事をしているだろうと鹿音に尋ねるも、何も言いそうにない様子に「一人で何とかしようとするなよ。」と言う。「それは天魔君も同じです。」と答える鹿音だった。

天魔との約束を守らず一人、鬼形に南波の事を尋ねに行く鹿音。その頃、天魔も同じく一人、南波の元を訪れるのだった。外野の生徒たちはアサシンが南波に会いに来たとざわめきたつ。場所を変えて話をしようという南波

なぜ鹿音をいじめるのか問う天魔にあっさりと自分に敵意を向けさせるため挑発していただけだと答える南波。そしてアサシンは天魔ではなく、鹿音が本物のアサシンだと確信したと話した次の瞬間、「その為の、餌になる。」と天魔に殴りかかるのだった。

優等生じゃいられない!:12話より引用

12話:感想

ついに本性を表した南波の戦う姿が何故、鹿音の父親と重なるのか…。ちょっと気になるところですね。それにしても鹿音と天魔、共に互いを巻き添えにしない正義感。さすがに幼馴染み。考え方も同じなんですね。

優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
16話(最終話)