adabana-徒花-:8話ネタバレ「素顔のマコ」

adanana -徒花-
1巻 ネタバレ
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
adabana -徒花-をお得に読む方法

7話では弁護士の辻と早見がユウキに会いに行くも、そこにはミヅキやマコに見せる表情とは全く別であり冷たい表情に。更に早見がミヅキの取り調べに行くも、終わった後には不気味な笑みを浮かべながらも万遍の笑みで笑うことに。

8話「五十嵐 真子①」ネタバレ

物語は過去に戻り、マコの話になる。

18歳になった、この頃のマコは母が交通事故で亡くなり父が足を怪我しても親戚の支援などで何とかなりながらも楽しく生活していた。
マコは友達とも仲が良く、しかし家が生活保護を受けているなどと明るくいじられていた。そんな話を聞いていたミヅキは、この頃から「よく知りもせず他人の家の事情をネタに笑えるなんてどうかしてるわ 死ねばいいのに」とバッサリとマコの友達に話していた。

マコはミヅキとは家が近く一緒に遊んでいて幼馴染みだったが、中学に入りマコには友達が出来て逆にミヅキは人を寄せ付けなかった。

ミヅキが朝に友達から救ってもらったことから、マコは無理やり昼を一緒に食べるように誘う。そして小さい時と同じように、ミヅキは照れながらもマコの手料理弁当を口であーんして食べることに。

「なつかしい味」と感想を言い、帰りもミヅキとマコは一緒に帰る。
ミヅキは「何も用意してないけど…誕生日おめでと」と話す。これを機に、ミヅキとマコはまた一緒にいる時間が増え、空いた8年間を埋めるようにたくさん話をしていた。

そんなマコだったが、どうしてもミヅキに言えないことがあった。
それがラーメン屋である叔父にエッチな写真を撮られ、バイト代をもらうということだった。

どんどんエスカレートしていく叔父の要望に「叔父さん…約束が違う どんどん激しくなってる…!」と伝えるも…叔父は「早くお父さんの借金返してあげたいだろ?」と弱みを責める。

感想

ついにマコの過去が舞台になり話されていきますね。
しかしやはりラーメン屋の叔父がなかなかですね、家庭事情でバイト代としてエッチな写真を。これを黙ったまま我慢して、マコはどう乗り越えていくのか。
ユウキとの過去も描かれていくのでしょうかね。

adanana -徒花-
1巻 ネタバレ
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
adabana -徒花-をお得に読む方法