『裏バイト:逃亡禁止』第15話ネタバレ

再び人形と一緒にとじこもってしまったシャーロット天野崎は無事なのでしょうか?
そして荒らされた部屋の秘密は?!
13・14話に引き続き、『人形供養』編の完結です!


ニケのプロフィールはこちら

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 
第28話 第29話  

前回までのあらすじ

「人形と一緒に生活することによって人形を供養する」という奇妙なアルバイトをすることとなった国領と白浜。
一緒にアルバイトをすることになったシャーロット天野崎は、人形と一緒に部屋に閉じこもってしまう。
そんな中、国領と白浜は怪しげな部屋を見つけ、その扉を無理やりこじ開ける。するとそこには血のようなものが飛び散り、荒れ果てた部屋があった。

第15話『人形供養③』ネタバレ

血だらけの部屋からは、以前同じアルバイトをしたと思われる人からのメッセージがあった。
メッセージには、「この供養は人形に人間の肉体を供える事が目的だ」と書いてあった。
以前アルバイトをした仲間は、「人形が入ってくる」と言いながら暴れまわるようになった、とも書いてあった。

そのメッセージを読んでいる国領、白浜の後ろには、人形を抱えたシャーロット天野崎がそっとたたずんでいた。

『裏バイト:逃亡禁止』第15話より引用

場面は変わり、このアルバイトの雇い主が、国領たちを監視カメラで監視していた。
「人形に生贄(アルバイト)を差し出すだけで大金が入るとはなんておいしい仕事だ」と雇い主は満面の笑みを浮かべる。
雇い主は2日で200万円が手に入るのだった。

雇い主は国領たちのもとへ出向き、「無事に供養が終わりましたね」とアルバイトを終わらせようとする。

そこには何かに取り憑かれたような国領、白浜、シャーロット天野崎3人の姿があったー。

『裏バイト:逃亡禁止』第15話より引用

感想

いつも危ないアルバイトばかりしている国領と白浜ですが、今回はかなりやばそうですね。人形に取り憑かれてしまった(?)2人は、無事に報酬を得て家に帰ることが出来るのか!?
最後のどんでん返しに是非注目です!!

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 
第28話 第29話