『裏バイト:逃亡禁止』第14話ネタバレ

前回はアルバイト仲間のシャーロット天野崎が倒れてしまうところで終わりました。そしてその傍らには人形が…。
一体何があったのでしょうか!?


ニケのプロフィールはこちら

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 
第28話 第29話  

前回までのあらすじ

人形供養という奇妙なアルバイトをすることにした国領と白浜の2人。
一緒にアルバイトをするゴスロリ風の女「シャーロット天野崎」と、供養する人形とともに民家に泊まる事となる。
供養方法は「人形と一緒にしばらく暮らすこと」だというのだ。
しかし、人形と一緒に部屋に閉じこもっていたシャーロット天野崎が突然倒れ…。

第14話『人形供養②』ネタバレ

人形と一緒に部屋にこもっていたシャーロット天野崎は、尋常じゃないほど疲弊し寝込んでしまった。


国領は、「これはおそらく人形のせいだ」と言う。
ふと気づくと、人形は寝込んでいるシャーロット天野崎の隣にいた。
「さっきはいなかったはずなのに」と思いながら、国領が人形を抱え上げると、突然国領の首に痛みが走る。
見ると、国領の首元にはかみつかれたような傷がついていて、出血していた。そして人形の口には国領のものと思われる血が…。

白浜は怒り、人形を縄で縛って動けなくした。

その後、二人は2階にある怪しげな部屋に何かヒントがあるのではと、木と釘で頑丈に塞がれているそのドアを開けようと作業に励む。

その内に、シャーロット天野崎が目を覚ます。シャーロット天野崎は空腹に耐えられず何か食べようと冷蔵庫を開けるが、中には食材しか入っていなかった。料理をしたことのないシャーロット天野崎はあきらめて冷蔵庫を閉じる。
何か買いに行こうにも家に閉じ込められてしまっているため出られない…。
ふとテーブルを見ると、国領が用意してくれていた朝食が置いてあった。


シャーロット天野崎はそれを平らげ部屋に戻ろうとする途中で、縛られている人形を見つけてしまう。


『可哀そうに、やっぱり人間はきらい、残酷、非道』と言いながら縄をほどき、2人が止めるのも聞かず再び部屋に閉じこもった。

すると人形が突然動き出し…!?

一方、国領と白浜はやっとの思いで怪しげな部屋のドアを開けた。するとそこには血のようなものが飛びちり、荒れ果てた部屋があった。

感想

人形が動くというホラーの王道のようなストーリーにも関わらず、続きの予想もつかずドキドキしてしまいます。
突然怖いシーンになったりするので怖いもの好きの方にはお勧めですが、心臓の弱い方はご注意してお読みください!
次回、怪しげな部屋の秘密が明らかになるのでしょうか!?

裏バイト:逃亡禁止
第1巻(1~12話)
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話  第18話 
第19話  第20話 第21話 
第22話 第23話   第24話
第25話 第26話 第27話 
第28話 第29話