優等生じゃいられない!:3話ネタバレ

最終更新日:2020-08-02

優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話    

2話では鬼形先輩をまたしても倒してしまった伝説のアサシンこと鹿音。ところがなぜか、天魔がアサシンという事になっていて… 下駄箱には沢山の果たし状が入っている始末。体育館裏に呼び出された天魔は自分がアサシンだとばれたくない鹿音の為に1人、乗り込むが… 鹿音は天魔を見捨てられず策を持ってくるのだった。またしても不良たちをやっつけてしまう鹿音。

3話:ネタバレ

天魔がアサシンと呼ばれるようになって一週間。天魔はモテまくっていた。この不良高校では喧嘩スキルが何よりのモテステータスなのだ。

あまりにも女生徒たちがうるさいため、ついにはマスクにグラサンといういで立ちで登校する天魔。ダチの原田はそんな天魔を羨ましがり数少ない女子とのコミュニケーションは勝ち組だと言う。「この学校の女子はみんな͡怖ぇんだよ。」と天魔が答えると「まともな女子だったら付き合うんですかぁ~?」と、思う自分にはっとする鹿音。

と、そんな鹿音の机の中にも天魔のファンからの嫌がらせの手紙が届いていた。その中に少し毛色の違う内容の手紙が。「アンタをずっと見ていたが、このままでいいと思っているのか?明日の放課後第二校舎入口で待つ。」差出人は望月希羅々。この学校の最強の四天王の一人だった。原田曰く超絶美人で激マブだが、熊も倒せるっていう噂の校内一ヤベェ女だというのだ。 その望月希羅々、見かけの強面最強スケバンとは裏腹に至って男女間の恋愛感は純情そのもの。ウソのようだが「キスしたら赤ちゃんができんだろ!?」とクソ真面目に後輩女子を𠮟りつける一面も。

鹿音は言われた通り、約束の場所へ向かうと望月希羅々が待っていた。「あの手紙はどういう意味なんですか!」と尋ねる鹿音に「あんたをアサシンから奪ってやる…ってことだよ…」答える希羅々。

感想

さすが、不良高校のモテ男の基準は喧嘩の強さそのものなのですね。天魔のモテぶりを目にして少し心がざわざわしている様子の鹿音。怖い女子たちからのアプローチとはいえ天魔の硬派な態度はカッコイイっすね。そしてキャラの濃い姉さん希羅々の気持ちとは?!?!

優等生じゃいられない!
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 第12話 第13話