「一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた」3話(後半)ネタバレ

最終更新日:2020-07-03

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた
1話(前半) 1話(後半) 2話(前半) 2話(後半) 3話(前半) 3話(後半)
4話(前半) 4話(後半)

3話(前半)では剣武祭で決勝に進んだアレン。相手は女戦士である「ローズ」。アレンの戦いを見て「貴様 その剣…いったい誰にならった!?」と怒りながら問うローズ。
2人は再度空気を入れ替えて剣を交えることに。

3話(後半)ネタバレ

ローズが繰り出す「桜華一刀流奥義 鏡桜斬」の桜吹雪を思わせる流麗な美技に一瞬目を奪われるアレン。しかし一撃一撃の間にほんのわずかな空白があり凌ぐアレンだった。
そしてアレンは正真正銘八つの斬撃をもって一撃と為す「八の太刀 八咫烏」を繰り出す。

そして弱冠15歳の我流剣士が剣武祭の優勝をもぎ取った。

数日が経った日、アレンは校長室に呼び出され名門校「千刃学院」から推薦入学の話があることを聞かされる。いま通っている片田舎にあるグラン剣術学院から進学者を輩出するとてつもない偉業なことから、校長や先生はアレンを行かすように精一杯説得する。

しかしアレンはどれだけ説得されても首を縦には振らず「故郷に残して来た母とも相談する必要があるので今ここで答えは出せません」と伝え母の元に帰ることにした。

走って3時間ほどで故郷である「ゴザ村」に到着した。
3年ぶりに母親と再会するアレン。

母親はアレンの「千刃学院」行きをあっさり認め、2人でシチューを食べる。
しかしそこには「時の仙人」の姿が。そして母親は時の仙人を見つけると、「封印が緩んでいたからもしやと思っていたけど…やっぱりあんたに仕業かい 時の仙人」と話す。

4話(前半)の情報

ヤングエースUP 2020年6月30日掲載

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた
1話(前半) 1話(後半) 2話(前半) 2話(後半) 3話(前半) 3話(後半)
4話(前半) 4話(後半)

感想

まさかの展開ですね。
優勝して、名門校から話が来たアレン。ここまではさすがで順調でしたね。
しかしまさかのアレンの実家に一億年ボタンを渡した「時の仙人」の姿が。更に母親は時の仙人と知り合い?封印?気になることが増えて来ましたね!!!