「新たなる森林王の候補」森林王者モリキング:4話ネタバレ

最終更新日:2020-05-26

森林王者モリキング
1話 2話 3話 4話 5話

3話では、初めておつかいに行ったモリキング。しかし人間とはかけ離れた行動で目立つ行動ばかり…
勝子はモリキングに「人助け禁止!!」したが…隣の家の少女が自分のせいで犬が逃げたと…

そんな姿を見て、勝子はモリキングに助けを求める。するとモリキングの力で、辺りの虫が寄ってくる。そんな虫たちと協力して見事に迷子になっていた犬を見つけて人助けに成功したモリキング。

4話:友達 ネタバレ

夏休みに突入した勝子は、”異世界と化した我が家”に落ち着く場所は無く、ファミリーレストランでのバイトのシフトを増やしていた。
しかし周りに同年代の子がいないため、そこだけが不満ではあった…

すると店長が新人を紹介した。

「真桐王香です よろしくお願いします!」と勝子に年が近い女の子がバイト仲間として加わった。

バイトをしながら打ち解け、バイト終わりには勝子の友達と王香でバイトやゲーセンに遊びに行く。
楽しんだ後の帰り道、公園ではモリキングと翔太、その友達が遊んでいた。

モリキングは子供たちをドカンに乗せて、担いでいた。そして翔太の「カブトムシは自重の20倍の物を持ち上げることができるんだ!」と説明し、遊んでいた。

知り合いと知られたくない勝子は王香をすぐに帰らそうとするが、モリキングと翔太が証拠に気づき声をかけられてしまい…「知り合い確定したぁー!!!」と叫んだ勝子。

そして更にモリキングは「ん?その子はオオカマキリの女の子かい?」と聞くと、
帽子を脱ぎ「戦わないといけないんですね カブトムシさん…」とオオカマキリの擬人化であることを明かす。

王香は「成虫になる脱皮の瞬間に擬人化になり、これが王の試練なんだとすぐにわかりました。もう姿は隠せない 残された道は一つ 自分の偽装と住所の取得 そして仕事の掛け持ちです」と話す。更に「虫の正体を隠し人間の生活基盤を確保する それがこの王位争奪戦です」と人間であることを努力したことを伝える。

そんな王香はモリキングに「なぜ人前で堂々と虫の能力を!?」と質問する

するとモリキングは「王は自分を偽らない 君は聡明で努力もできる素晴らしい虫だ だが”森林王”は全生物の頂点」と話し、更にモリキングは「未知や危険と向かいあい 理解し助け合う”真の共存”それができぬ者に”王”の資格はない」とバッサリと王香に伝えるモリキング。

王香は「ポロポロ」と大きな涙を流し「私は…王になれない…?」と泣く王香。

そんな王香のもとに、次のバイトからメールが届き「決着は後日に」と言いバイトに向かった。

5話の情報

週間少年ジャンプ25号 2020年5月25日発売

森林王者モリキング
1話 2話 3話 4話 5話

感想

サバイバルになってきましたね。と思いましたが、優しそうな擬人化したカマキリの王香。
そして相変わらずストレートなモリキング。これから参戦してくる王争奪戦のサバイバルが楽しみですね。他にどんな擬人化した昆虫がいるのか、新しい視点の漫画で楽しみになっています!