SPY×FAMILY(スパイファミリー) 登場人物紹介

最終更新日:2020-02-21

SPY×FAMILY(スパイファミリー) 登場人物紹介

あることをきっかけに、赤の他人であるスパイの男、殺し屋の女、超能力の少女が家族になる。お互いの存在を隠しつつも、足跡の家族としての生活をしていく。
ジャンルはスパイ、アクション、コメディーなどに分類され、凄腕スパイ×特殊家族コメディー、スパイ×アクション×特殊家族コメディーと言われている。

黄昏 = ロイド・フォージャー

百の顔を使い分ける西国の敏腕スパイ。コードネーム”黄昏”という名前で数々のミッションを成し遂げた。
そして次なる依頼に、妻と子供を持ち伝統のイーデン校の特待生に育て懇親会に参加し敵の情報を取得することだった。これをきっかけにロイドは施設から超能力者であるアーニャ、殺し屋であるヨルを迎えミッションに挑んでいく。

アーニャ・フォージャー

とある組織の実験によって生み出された超能力者。人の心の声を読むことができる。ロイドやヨル含め、心の声を聞いて人命救助を行ったり何かの役に立とうとする。ワクワクすることが大好きであり、スパイの父と殺し屋の母を結びつけるきっかけになったのもアーニャだった。

ヨル・フォージャー

裏の顔は任務を軽々とこなす殺し屋。コードネームは”いばら姫”であり、普段は市役所の事務員をしている。天然な一面があり普段はおっちょこちょいであるが、スイッチが入ると強い。またアーニャやロイドのことを一番に考えており、家族が上手くいっているのもヨルの存在があるからだ。

ドノバン・デズモンド

東西平和を脅かす危険人物。ロイド(黄昏)の任務相手。
用心深い性格であり表舞台には顔を出さないが、息子が通うイーデン校の懇親会には出席するため、ロイド(黄昏)は妻子を作った。

ダミアン・デズモンド

ロイド(黄昏)の任務であるドノバン・デズモンドの次男息子。性格は漫画の金持ちならではの、自信満々であり手下も付けている。アーニャはロイド(黄昏)の任務のために近づこうとするが逆効果に…しかしあることをきっかけに、アーニャのことを気になり始める。

ヘンリー・ヘンダーソン

イーデン校の第3寮 寮長。イーデン校にふさわしいエレガンス力を重要視している。面接時にロイドたちのフォージャー一家のエレガントさから気に入り、入学などいろんな場面で助けている。

ベッキー・ブラックベル

大手軍事企業ブラックベルのCEOの娘。ご褒美でかつてもらってきたのは、「ピンクの戦車、ピンクの戦闘機、ダイヤが散りばめられた人形」など。
アーニャの唯一の友達といっていいぐらい、アーニャに心を開き仲が良い。

ユーリ・ブライア

ヨルの弟。しかし姉のヨルを溺愛するシスコンである。
そんなシスコンのユーリの裏の顔は、ロイド(黄昏)の敵である秘密警察。国内の治安維持のため、スパイ狩りや市民の監視、更には怪しい人に対する手段を選ばない拷問などをしている。

フランキー

ロイド(黄昏)のスパイの協力者。ロイド(黄昏)の任務に必要な情報から、潜入のための道具を一色揃える。更に、アーニャの面倒を見たりと親密な関係である。

管理官(ハンドラー)

ロイド(黄昏)がスパイ活動をするWISEの女性職員であり、ロイド(黄昏)の上司。ロイド(黄昏)に指令を出したり、進捗を確認したりと仕事の管理を行っている。